ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

六月大歌舞伎昼の部

昼の部行ってきました!今日は一階二等最前列ほぼ中央。この位置から見る俳優さんや舞台や衣裳が新鮮!NHKの録画が入ってました。
一、正札附根元草摺
背景の富士山、三階だと見えないなあ。近いせいか、歌舞伎ってこういうものなんだーって初めて見たような気分。絵のようでした。

二、双蝶々曲輪日記
吉之丞さん、歌江さん、宗之助さんたちが仲居って超豪華配役!!吉之丞さんの白塗りは久々な気がする。ブロマイド欲しいな、と思ったけどほかの写真もすごくてとりあえず今日はやめておいた。
えっと、「角力場」って、今まで今一つ納得できなかっただけど、以外にも若々しい吉右衛門と、そういう複雑なことを考えそうな苦労人ぽい(?)幸四郎の組み合わせで、なんだか納得できた。
吉右衛門、ずっとソンキョしてるのね!
その後のこの人たちの運命を考えるとおいおいな染五郎だけど、まあそういうひとだよなーって感じで愛らしい。

三、蝶の道行
この装置を水平から見られて良かったー。
最後の地獄の責苦は地球温暖化への警告でしょうか?笑
ていうか、歌舞伎の振りの引き出しを並べてみました、っていう演目なんだろうなー。
海老反りを横から見るとすごいっすね。上から顔を見るのも好きだけど。

四、女殺油地獄
当然幕見したときよりさらに進化して…前の幕間にブロマイドの仁左さまを見て、一世一代、って思ったら目がうるうるした。
ほかの演目ではそう思わないのに、体つきが若者っぽいのはどうして?芸の力?
幕見の時は仁左さまだけをみていたんだけど、今回は周りの人の良さを感じた。孝太郎がいかにも世話焼きな女性で、姉っぽい感じで与兵衛を見ているんだけど、筋は通さなきゃって感じで金をかさない…あ、金子(きんす)の勘定ができないんですけど?銭とか銀とかで違うんだよね。まあいいや。

殺しの場面、転び方がうまくなったせいもあってほとんど笑いは起こらず、起こったのも最初のうちだけで、見物が凍ったように固唾を飲んでいた。あんな雰囲気、めったにないなあ。
QPコーワのピークが終わってちょっと集中力欠いてた自分がふがいない。もう一度見たい…。
与兵衛って…今で言うと人格障害?まあそういう理屈はどうでもよくて、ダメ男のその場その場の仁左衛門がステキで笑いが起こって愛されちゃってるのでした。殺し場はなんか身体を使った歌舞伎役者二人に圧倒され、怖いのに美しくて魅力的な世界を見てしまった感。
あの後親兄弟に降りかかる災難を…考えなくていい歌舞伎で良かった。




歌舞伎座さよなら公演六月大歌舞伎平成21年6月3日(水)~27日(土)


昼の部
一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
 曽我五郎時致(松緑)は、父の仇である工藤祐経の館へ向かおうとします。これを止めたのは、小林朝比奈の妹舞鶴(魁春)。女ながら大力無双の舞鶴は、五郎の持つ鎧の草摺を持って引き止め、その行く手を阻むのでした。

 引き合い事を取り入れた長唄の名作舞踊を上演します。
二、双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
 関取の濡髪長五郎(幸四郎)と、素人角力出身の放駒長吉(吉右衛門)の大一番で盛り上がる角力小屋前。濡髪を贔屓する山崎屋与五郎(染五郎)は、恋仲の藤屋吾妻(芝雀)と逢い引きをしますが、今日の勝負が気がかりで、吾妻を仲居のおまつ(宗之助)、おすず(歌江)、おたけ(吉之丞)に命じて廓へ向かわせます。
 やがて勝負が始まり、濡髪に土がつきます。放駒贔屓の平岡郷左衛門(由次郎)と三原有右衛門(桂三)は、放駒を褒め称え、郷左衛門が思いを寄せる吾妻の身請けを手助けして欲しいと頼みます。一方の濡髪は茶亭の金平(錦吾)に頼んで、放駒をその場へ呼び戻すと、意外な言葉を打ち明けていき......。
 濡髪と放駒の達引が見どころの作品を、豪華配役でご覧頂きます。
三、蝶の道行(ちょうのみちゆき)
 春の野辺に助国(梅玉)と小槇(福助)が姿を現します。この世で結ばれることのなかったふたりは、蝶の姿となって戯れ遊びますが、地獄の責めに遭い、その羽ばたきを止めるのでした。
 助国、小槇の悲恋を主題とした義太夫舞踊をお楽しみ下さい。
四、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)
 河内屋の放蕩息子与兵衛(仁左衛門)は、馴染みの芸者小菊(秀太郎)の客に喧嘩を売ろうと、善兵衛(右之助)や弥五郎(市蔵)と共に待ち構えています。
 一方、豊嶋屋のお吉(孝太郎)は、娘のお光(千之助)とその場に居合わせ、与兵衛に意見します。やがて喧嘩が始まり、与兵衛は侍の小栗八弥(新悟)に無礼を働きます。与兵衛の叔父山本森右衛門(彌十郎)は、甥を成敗しようとしますが、八弥がこれを止めます。そしてお吉が、与兵衛の衣服の乱れを直すところ、夫の七左衛門(梅玉)がやって来て、妻の振る舞いをたしなめるのでした。その後、与兵衛の行状が継父の徳兵衛(歌六)や兄の太兵衛(友右衛門)にも知られてしまいます。しかし当の与兵衛は妹のおかち(梅枝)を利用しての悪巧みを思い付き、これが失敗に終わると、その腹いせに継父と妹を足蹴にします。そこへ母のおさわ(秀太郎)が現われ、与兵衛を叱って家から追い出します。その日の夜、金が入用となった与兵衛は、お吉を頼ろうと...。
 片岡仁左衛門が当り役のひとつ河内屋与兵衛を一世一代で勤める注目の舞台です。
[PR]
by urasimaru | 2009-06-24 21:00 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 新ブログ始めました。 脳が煮えてる… >>