ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

ネットで調べてみた;荒唐無稽

意 味: 言葉や説明に根拠がなく、ばかげていること。でたらめであること。
解 説: 「荒唐」は、でたらめで馬鹿げていること、「無稽」は、根拠がないことの意。
英 訳: illusion-promoting (荒唐無稽な)

荒唐は韻を踏んだ二字、いわゆる畳韻(じょういん)の熟語で、一字一字の意味は問題でなく、「こうとう」という音の響き、音色が特定の状態を表します。

昔から習字の手本に用いられた『千字文(せんじもん)』のはじめに「天地玄黄(てんちげんこう)、宇宙洪荒(うちゅうこうこう)」とありますが、荒唐はこの洪荒と同じく、はてしなく広大なさまをいいます。

『荘子』に「荒唐の言、端崖(たんがい)(はし、限界)無きの辞」とあるのも、こせこせした俗世間を見下すような言辞、むしろほめることばでした。


荒唐無稽(こうとうむけい) 《四熟》 言動に根拠がなくて、取り止めがない。出鱈目(でたらめ)である。 類:荒唐の言 例:「荒唐無稽な空想に酔う」 出典:「荘子-天下」「荒唐之言、無端之辞」 
「無稽」の出典は、「書経-大禹謨」「無稽之言勿聴」

あちこちに出てたのを勝手に切り張りしましたー
[PR]
by urasimaru | 2009-08-17 18:53 | いろいろ | Comments(0)
<< 歌舞伎座さよなら公演八月納涼大... 石川五右衛門…うまく書けないけ... >>