ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

和風劇場+135メートルビル

昨日のエントリーひどいな、と思いつつ寝てました。疲れて八つ当たりしてたかな?でも消しても遅いと思うのでそのままにします。

e0043465_20244679.jpg


*歌舞伎座:五代目も桃山風の外観継承 13年春に完成予定(毎日新聞)
 松竹は26日、新しい歌舞伎座(東京・銀座)の建築概要を発表した。2010年4月公演を最後に、今の四代目の建物の建て替えに着手。五代目は桃山風の外観を継承した劇場棟と高層オフィス棟で構成される複合ビルになる。完成は13年春の予定。

 劇場棟は4階建て。舞台間口や客席数は現在と同規模(1859席)で、桟敷や幕見席なども作る。劇場を特徴づける瓦屋根、唐破風、欄干などは現在の部材を可能な限り再利用する。新たにエレベーターやエスカレーターを設置し、バリアフリー化をはかる。

 背後のオフィス棟は29階建てで高さ約150メートル。劇場棟と地下(4階建て)でつながり、東京メトロ・東銀座駅と直結される。

 三菱地所設計と隈研吾建築都市設計事務所の共同設計。総工費は約430億円(劇場部分は約180億円)。

 建て替え中の東京公演は新橋演舞場を中心に行う予定だ。12年には中村勘太郎さんの六代目中村勘九郎襲名公演が行われる。

 松竹の迫本淳一社長は「今の歌舞伎座を保存できないか検討したが、老朽化が目立つ。建て替えが急務と判断した」と語った。日本俳優協会会長の中村芝翫さんは「お客様にもさらにご覧になりやすい、立派な建物になるものと期待しております」とコメントした。

 歌舞伎座は1889年に開場。四代目は、東京大空襲で焼失した三代目の基礎などを利用して建て直し、51年に再開場した。2002年、国の登録有形文化財に登録された。【小玉祥子】


建築現場に通って鉄骨の時から眺めたら、もうどんなのが建っても受け入れられるかも、なんて思ったりする最近。いくらなんでもさすがに「ガラス張り案」は撤回されるだろうと思ってたけど、まあ安心しました。(あれ、「値切り」的作戦だったりして。^^;)幕見も継続。ホッ。

どうせ来年の今頃は演舞場狭いとか文句言ってるでしょう。

言わずもがなですが、音響とか見やすさとかは期待してます。
勘三郎さんに新しい劇場の納涼歌舞伎も来てくださいって言われたし。(口上で)
勘太郎くんの襲名はわざわざその前にやるんだ?
ってっと、こけら落とし後の襲名は…?

anyway,…長生きしましょう、頑張って。
[PR]
by urasimaru | 2009-08-26 20:44 | 歌舞伎座の写真 | Comments(3)
Commented by SwingingFujisan at 2009-08-26 22:52 x
おお、建替えが避けられない以上、この概要は吉報と言ってもいいのかもしれませんね。
来年の今頃、演舞場が狭いって文句言ってる。はい、私もきっとそう言ってると思います(urasimaruさんが、ではなく私自身が)。

勘太郎クンの襲名話は、小山三さんのトークショーで聞いたのですが、正式発表前のオフレコかもしれないと公表を控えていたら、メモがどこかへ行ってしまって、何年って言っていたか忘れてしまいました (^-^; 来年が先代の追悼公演だってことは決まっているようですが。
勘九郎襲名なんてしなくてもいいのに。
Commented by 花餅屋の太夫元 at 2009-08-27 02:33 x
こんばんは…とうとう発表しましたね…。
松竹のHPも見ましたが…訳ワカランし(汗)
で、絢爛豪華なる桃山建築はどうなるのかが…ハッキリとしたことを知りたい。
発表通りを信じたいが…
して、五代目歌舞伎座襲名興行ってするのでしょうか?←な、わけないだろうて(汗)
Commented by urasimaru at 2009-08-27 20:55
コメントありがとうございます。
一晩経って、瓦や、唐破風、欄干などをできるだけ再利用というのはとてもうれしく思います。
楽屋の階段がきつくて高齢の役者さんとかが不便な思いをされてるとかいう話を聞くと、そういうのがよくなって使いやすい状態で、と、思います。
こけら落とし公演=勘九郎襲名にあえてしないっていうのは、ゼッタイなにかあると思います…サプライズが。

<< 寝坊しましたごめんなさい 八月... 第15回稚魚の会・歌舞伎会合同... >>