ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新橋夜の部メモ

夜の部いってきた。楽しかった。花形って今すごく充実してる。順不同思いつくまま適当に書きちらします。
菊ちゃんの美しさはいうまでもない。
松緑かっこいい。顔やせた?今後どんだけすごい役者になるんだろう。楽しみだ!!
らぶりん、お坊ちゃんなキャラが合う♪素顔は似てないけど舞台姿は仁左様ににてるよねー。芸の継承を感じる。
亀寿さんの活躍がうれしい。

鬼たちは楽日だから全開で若さをひしひし感じた。巳之助の頭の振り方がすごかった。右近くんの踊りがみられるとうれしい♪上村吉弥さんが口をがーって開けてるところって珍しいよね。
亀ちゃんの身体能力の高さ(というか鍛錬というか)すごい。あと存在感。

六条亭さんのおかげで葵太夫さんちの親子共演に気がつくことができた。顔、似てる。w

最後にもみじの葉っぱが散って、お客さんが拾いまくってた。^^;



新橋演舞場 花形歌舞伎
夜の部 

一、通し狂言
  三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)

  序 幕 大川端庚申塚の場
  二幕目 割下水伝吉内の場
      本所お竹蔵の場
  三幕目 巣鴨吉祥院本堂の場
      裏手墓地の場
      元の本堂の場
  大 詰 本郷火の見櫓の場

             お嬢吉三  菊之助
             和尚吉三  松 緑
             お坊吉三  愛之助
              十三郎  松 也
              おとせ  梅 枝
             長沼六郎  種太郎
              源次坊  亀 寿
           土左衛門伝吉  歌 六


二、鬼揃紅葉狩(おにぞろいもみじがり)
     更科の前実は戸隠山の鬼女  亀治郎
              八百媛  菊之助
           従者小諸次郎  亀 寿
           同 碓氷三郎  種太郎
           侍女実は鬼女  松 也
                同  梅 枝
                同  巳之助
                同  右 近
                同  隼 人
                同  吉 弥
              平維茂  松 緑

夜の部 一、通し狂言
  三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)
 娘姿の盗賊お嬢吉三は、夜鷹おとせから百両を奪い大川へ突き落とします。通りかかったお坊吉三が百両を横取りしようと争うところへ和尚吉三が現れ、二人を仲裁し、三人は義兄弟の契りを交わします。助けられたおとせは昨夜契りを交わした十三郎と再会します。実は十三郎とおとせは双子の兄妹でした。和尚は大川端で手に入れた百両を父の伝吉へ届けますが、巡り巡ってお坊の手へ渡ります。お坊は、その百両を取り返そうとする伝吉を斬殺します。やがて追手のかかったお嬢とお坊は、吉祥院へ逃れますが...。
 河竹黙阿弥の白浪(盗賊)物の名作を、お嬢吉三に菊之助、和尚吉三に松緑、お坊吉三に愛之助という充実の配役に加え、土左衛門伝吉の歌六が舞台を引き締めます。 「月も朧に白魚の篝も霞む春の空...」など名調子のセリフに彩られた、刀と百両が人の手から手へ巡る因果物語をご高覧頂きます。


二、鬼揃紅葉狩(おにぞろいもみじがり)
 平維茂が従者とともに信濃国戸隠山を通りかかると、更科の前という姫君から酒宴に招かれ、盃を重ねるうちにまどろんでしまいます。この様子を窺っていた姫は、戸隠山の鬼女の本性を現し豹変。男山八幡の神女である八百媛の威徳により目を覚ました維茂は、鬼女達を退治するために山奥に分け入っていきます。
 美しい姫がのちに猛々しい鬼女となる変化に富んだ構成で、侍女たちも鬼となります。今回は市川猿之助の演出のもと、更科の前実は戸隠山の鬼女を亀治郎が初めて勤め、平維茂に松緑、八百媛に菊之助という配役で勢い溢れる舞踊劇をお楽しみいただきます。
[PR]
by urasimaru | 2009-11-25 23:24 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 2009年11月25日の歌舞伎座 めでたい。国立劇場11月歌舞伎 >>