ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

歌舞伎座さよなら公演十二月大歌舞伎夜の部初日電報的メモ

案の定昼の部が押して開演が数分遅れた。

引窓 右之助さんがパワーアップしてた?でも後半寝た

雪傾城
中村屋兄弟が恋人役で花道を登場。中村屋!おめでとう!という掛け声。芝翫が六人の孫達、ってのにつきる。先月祖母の葬儀があったのでなんかしみじみと家族についてかんがえたり。

鼠小僧
初見。
ちょっと俳優祭っぽい…女形さんたちのはじけぶりがすごかった。後半暗くなる。楽日に見たら感動的だろうな。カーテンコールないとツライ雰囲気。カーテンコールで野田氏が舞台に登場。舞台上の彼を見たのは超ひさしぶり。群衆、セリフ劇だー。大道具よかった。
こういう三津五郎好き。
昼も新作やって体大丈夫だろうか^^;

e0043465_21102389.jpg

NHKのカメラ。入口付近にもいた。



夜の部一、双蝶々曲輪日記
  引窓(ひきまど)
 南与兵衛(三津五郎)の妻お早(扇雀)と姑のお幸(右之助)が与兵衛の帰りを待っていると、濡髪長五郎(橋之助)が訪ねてきます。暇乞いをして立去ろうとする長五郎を、お早とお幸が引き止めます。実は長五郎はお幸の実の子で、お早とも顔馴染み。二人が長五郎を二階へ案内すると、代官に取り立てられ、南方十次兵衛と名乗ることを許された与兵衛が、平岡丹平(秀調)、三原伝造(巳之助)を伴って帰ってきます。出世した与兵衛の姿を見て喜ぶお早とお幸。与兵衛は、丹平に弟を殺した下手人の詮議を頼まれ、人相書を受け取り、代官として初手柄を立てようと勇み立ちます。
 しかしその下手人は長五郎で、お早とお幸の様子から長五郎が潜んでいることを悟った与兵衛は、長五郎がお幸の実の子であると知り、長五郎を落ちのびさせるのでした。丸本世話物の名作をお楽しみください。


二、御名残押絵交張(おなごりおしえのはりまぜ)
  雪傾城(ゆきけいせい)
 一面の雪景色に包まれた浅草寺。一陣の風とともに傾城魁(芝翫)が新造香梅(児太郎)を伴って現れます。そして初芝居の願掛にやってきた役者栄之丞(勘太郎)と、芝居茶屋娘お久(七之助)に気付くと廓の情景を踊ってみせます。そこへ、雪の精の奴(国生)、景清(宗生)、禿(宜生)が現れると、初芝居の成功を祈って賑やかに踊るのでした。芝翫が六人の孫達と踊る情緒溢れる長唄舞踊です。


三、野田版 鼠小僧(のだばんねずみこぞう)
 正月、芝居小屋では稲葉幸蔵(染五郎)演じる鼠小僧が大評判、目明しの清吉(勘太郎)、独楽太(市蔵)、凧蔵(猿弥)、また善人と評判の與吉(橋之助)らで賑わっています。その中を、金にしか興味のない棺桶屋の三太(勘三郎)がずる賢く金稼ぎに励んでいます。そこへ三太の兄、辺見勢左衛門の妻おらん(扇雀)と、娘のおしな(七之助)、番頭の藤太郎(彌十郎)が、勢左衛門の葬列とおしなの嫁入り行列とが混じった一行を連れて現れ、三太に棺桶をただで貰おうとします。
 兄に莫大な遺産があると知って喜ぶ三太でしたが、遺言状には違う名前が。諦めきれない三太は勢左衛門(亀蔵)の棺桶に忍び込み、遺産を盗みだそうとしますが、辻番人の與惣兵衛(井之上隆志)に見つかって...。年の暮、鼠小僧となった三太が貞女と評判のお高(福助)の屋敷に忍び込むと、あの與吉が現れます。次に名奉行と誉れ高い大岡忠相(三津五郎)がやってきます。更に大岡の妻りよ(孝太郎)が駆け込んできて、混乱の内に逃げ出した三太は、與惣兵衛の孫、さん太(宜生)と出くわして...。
 平成十五年に上演され大好評を博した野田秀樹作、演出の舞台の待望の再演です。
[PR]
by urasimaru | 2009-12-03 00:49 | 歌舞伎 みた | Comments(1)
Commented at 2009-12-07 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 見顕し へー >>