ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

歌舞伎座さよなら公演十二月大歌舞伎昼の部メモ

今月の歌舞伎座はあらかじめチケットをとらなかったので、昼の部は一等の戻りの席しか取れず、二階前方という行ったことがない場所。とても見やすくてびっくり。だから普段の感想(ってほど書いてないけど)と比較にならないと思う。

一、操り三番叟
面白かった!ふと我に返って人間だって思うとすごい。鶴松クンきれい♪

二、野崎村
夜の部に行ったときになかったのにこの期に及んで両花道でないことに気がつき、せっかく両花道が見られると思ってたのにーとは思った。
とにかく三階以外で見たのが初めてなので視点に着物がきれいだ!とか驚いているうちに寝た。そのため元気なお光しかほぼ記憶にないような。役者さんもきれいだったー



三、身替座禅
花道が見えるとこんなに素晴らしいものかと思った。^^;三津五郎が今月のツボかも。

四、大江戸りびんぐでっど
この作者の作品はみたことない。
初め面白くそのうち疲れてきて最後はまあそんなもんかという感じ。歌舞伎としてみようとするとリズムが壊れて戸惑う。普通のお芝居としてみたら役者さん達のレベルが高いからおいしい。微妙な気持ちで終わる。まあ新作ってそんなもんでしょう。さよなら公演で新しいことが出来るって示せてよかったんじゃないかな。
新作ものは昼も夜も観劇回数重ねるとより面白くなるんだろうなと思う。最初の部分のセリフが早くて聞き取れなかったし、昼も夜も軸以外誰がどこに出てるかあまりわかんなかったから。でも一月以降のことを考えるて、もう一度行くのは自重。
すぷらったとか昔は結構好きだったのでオペラグラスでゾンビをみるのが楽しかった。
芝のぶちゃんの珍しい強気な役。

あーでも歌舞伎座で「暫」がああなってしまうのはちと悲しかったな。



一、操り三番叟(あやつりさんばそう)
 翁(獅童)と千歳(鶴松)が現れ、厳かに舞い始めます。翁と千歳が舞い納めてその場を去ると、後見(松也)が箱から糸操りの三番叟(勘太郎)の人形を運び出し糸を操ると三番叟が動き出します。
 三番叟は五穀豊穣を祈って「揉の段」「鈴の段」を目出度く舞い納めるのでした。三番叟物のなかでも、人気の高いユーモア溢れる一幕をお楽しみ下さい。


二、新版歌祭文
  野崎村(のざきむら)
 野崎村に住む娘お光(福助)は、父の久作(彌十郎)の養子で、かねてから慕う久松(橋之助)との祝言が、決まったので嬉しさを隠せない様子。久松は武家の子息でしたが、家名が断絶となり、縁のある久作にお光と兄妹同然に育てられ、大坂の質屋、油屋へ丁稚奉公に出されていました。久松は油屋の娘、お染(孝太郎)と恋仲となりますが、店の金を盗んだと疑われ、久作の家に戻されていたのです。
 そこへ、お染が久松に会いにやってきます。お染は久松と添えないなら自害すると言い久松も心中を決意しますが、久作が別れるよう親身に諭すので、二人は別れを決心します。久作が久松と祝言を挙げさせようとお光を呼ぶと、お光は尼の姿。二人の覚悟を知り、お光は自身が身を引く事にしたのです。後を追ってきたお染の母、後家のお常(秀調)に、店に戻ることを許された久松とお染が、大坂へと帰って行く姿を、お光は涙ながらに見送るのでした。情感溢れる世話物の名作です。


三、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん )
 大名の山蔭右京(勘三郎)は深い仲となった遊女、花子が都へやって来たので会いに行きたいと思案しています。しかし、奥方の玉の井(三津五郎)が片時も傍を離れないので、会いに行く事が出来ません。一計を案じた右京は、侍女(巳之助、新悟)を引き連れた玉の井に懇願し、持仏堂に一晩籠ることを許されます。
 ところが右京は太郎冠者(染五郎)に座禅衾を被せると、花子の元へと向かうのでした。狂言をもとにした名作舞踊劇を清新な顔ぶれで上演いたします。


四、大江戸りびんぐでっど(おおえどりびんぐでっど)
 舞台をはじめ映画やテレビで大活躍の宮藤官九郎が初めて歌舞伎の作、演出を手掛けます。大江戸を舞台に、豪華で賑やかな顔ぶれが大活躍する話題の新作にご期待下さい。
[PR]
by urasimaru | 2009-12-07 20:29 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 近い! 焼酎漬けカリンの実部分の再利用 >>