ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

国立劇場12月歌舞伎公演 トミーいいなー

「頼朝の死」
源頼朝は妻北条政子に仕える小周防(芝雀)を口説こうとして塀を乗り越えようとしてるところを不審人物として家臣の畠山重保(歌昇)に切られて死んだんですが、天下の将軍の死に様としてぶざますぎる、ということで死ぬ直前の頼朝本人の意向もあり事実は秘密にされ、知っているのは当事者重保、妻政子(富十郎)、ブレーンの大江広元(歌六)だけになっていますが、主人を殺してしまった重保は悩み、何も知らない小周防は
重保をしたい、息子頼家(吉右衛門)は隠し事にいらいらするっていう構図。

歌舞伎っていいなーって思った。芝雀が愛らしく、吉右衛門が若々しく、父の死はの秘密を教えてもらはえない頼家のいらだち、傲慢、苦悩をあらわしてた(でもほとんどばればれっていうか、わかってんじゃないかって気がするけど、隠されてるのが耐えられないんだろうな。)
「家は末代、人は一世じゃ。」という富十郎の政子の気迫と老いがすごい存在感。吉之丞がみられてうれしい。

「一休禅師」
一休禅師と花魁、地獄太夫の問答だそうです。
富十郎と愛子ちゃん(かむろ)の共演がほほえましい。愛子ちゃん吾妻徳穂に似てる(国立劇場に肖像画があるから)って思った。動けなくてもトミーの踊りはいい。魁春の花魁も味わい深い。きちんとした女形の品格と色気を感
じた。なんかわかんないけどうるうる来た。

「修禅寺物語」
夜叉王って芥川の地獄変の絵描きみたいなイメージもってたんだけど、きっちーむしろいい人そう。ていうかセリフがすらすらでてこない感。
半寝。
でもあの頼家さんがこうなっちゃうのねーっ(錦ちゃん、オーシノーに見えるかと思ったけどそうでもなかった。かっこいい)て感じで演目としてよいとりあわせ。段四郎さんが若い。そして亀治郎さんに声が似てる(逆かw

国立劇場って居心地いいけど雰囲気はやっぱり勉強っぽいのなあ。あと周りに店が少ないのでご飯が…。ってそれをなげいてもしょうがないんだけど。トイレは極楽。

でも勢いで一月のチケット、予定より奮発しちゃった。^^
[PR]
by urasimaru | 2009-12-16 19:59 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 浅草の羽子板市に入ってきた 猫が… >>