ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

二月大歌舞伎昼の部メモ

e0043465_19424852.jpg

この木、切っちゃうって書いてあったので撮ってきた。

爪王、原作ずーっとずーっと前に読んだ。戸川幸夫が歌舞伎座でどうなるんだと思ったけど、吹雪きれいだったし、戦い勇壮だったし、とても面白く観た。

俊寛 爆睡 体調の問題ですいません

口上 現歌舞伎座の最後の口上。追善の口上なのでしみじみとした気分。

ぢいさんばあさん 若夫婦よりラストの方が実年齢に近いんだよなー。。。いい芝居。



歌舞伎座さよなら公演
二月大歌舞伎
十七代目中村勘三郎二十三回忌追善
平成22年2月1日(月)~25日(木)

昼の部

一、爪王(つめおう)
 雪の降るある日、鷹匠(彌十郎)は訪ねてきた庄屋(錦之助)から、悪い狐(勘太郎)を退治するよう頼まれます。鷹匠は吹雪と名付けた鷹(七之助)を連れて山へ赴き、吹雪を放ちますが狐に敗れてしまいます。春が訪れ、鷹匠は吹雪に獲物を恐れる鷹は王者では無いと言い、吹雪は再び大空へ舞い上がり狐に挑みますが......。
 動物小説の作家として知られる戸川幸夫作、平岩弓枝脚色で十七代目勘三郎も鷹匠を演じた舞踊劇にご期待下さい。


二、平家女護島
  俊寛(しゅんかん)
 絶海の孤島、鬼界ケ島に流罪となった俊寛僧都(勘三郎)、平判官康頼(扇雀)、丹波少将成経(勘太郎)は、流人の生活に疲れ果てています。そんな俊寛達を喜ばせたのは、成経が島の海女の千鳥(七之助)と夫婦になったこと。一同は二人の祝言を始め、日頃の憂さを忘れるのでした。
 ここへ都からの赦免船が到着し、上使の瀬尾兼康(左團次)が康頼と成経の赦免を告げます。俊寛は自らの名がないことに落胆しますが、もう一人の上使、丹左衛門(梅玉)から赦免が告げられ、晴れて揃って乗船へ。しかし、瀬尾は千鳥の同道を許さず、俊寛に妻の東屋を清盛の命に背いたために自らが斬った事を告げます。悲嘆に暮れる千鳥を船に乗せてほしいと俊寛は瀬尾に頼みますが許されないため刀を奪って瀬尾を斬り捨てます。その咎で再び流人となった俊寛は、自分の代わりに千鳥を船に乗せ、遠ざかって行く船を独り見送るのでした。
 十七代目勘三郎が最後の舞台でも演じた所縁の役を当代勘三郎が勤めます。


三、十七代目中村勘三郎二十三回忌追善 口上(こうじょう)
 戦後の歌舞伎を代表する名優の一人で、立役、女方を問わず幅広い役を演じた十七代目勘三郎を偲び、芝翫、勘三郎をはじめ、故人所縁の幹部俳優が追善口上を述べる一幕です。


四、ぢいさんばあさん
 江戸番町、美濃部伊織(仁左衛門)と妻るん(玉三郎)は、評判のおしどり夫婦。ところが、伊織は喧嘩で負傷したるんの弟、宮重久右衛門(翫雀)に代わり、京で一年間、二条城在番を勤めなければならなくなります。伊織とるんは庭の桜を眺めて名残を惜しみ、翌年の桜時の再会を誓うのでした。
 それから三ヶ月後の京、伊織が同役の友人ら(秀調、右之助、市蔵、桂三)を招いて、買い求めた古刀のお披露目の宴を催していると、酒に酔った同輩の下嶋甚右衛門(勘三郎)が現れます。実は、古刀を買い求める代金が足りず、下嶋に金を借りたのですが、伊織は下嶋を宴に招いていなかったのでした。それを恨んだ下嶋は伊織を罵倒しはじめ、じっと耐えていた伊織でしたが、足蹴にされて遂に斬りつけます。下嶋は階下に落ち、命を落としてしまいます。
 それから三十七年が経ちました。伊織は犯した罪の為にるんと離れ離れになっていましたが、ようやく赦されます。久右衛門の子息、宮重久弥(橋之助)とその妻のきく(孝太郎)の配慮もあって、伊織とるんは番町の旧宅で再会することとなり......。夫婦の情愛が感動的な名作です。
[PR]
by urasimaru | 2010-02-25 19:48 | 歌舞伎 みた | Comments(8)
Commented by ばむ at 2010-02-26 08:15 x
昨日が千秋楽だったんですねぇ。
3月のチケットを受け取りに歌舞伎座まで行ってきました。
3階の奥のほうなので花道の五人男はつらいかな・・・。でも映画より高いし、ウジウジ・・・。
次世代へ伝統を伝える投資よ!と言いながら私が楽しみです。
Commented by urasimaru at 2010-02-26 11:35
私はいつも三階A基本ですが、三階は最前列か東席じゃないと花道は見えないです(最前列でも舞台近く一部のみで、前のめりになってみると後ろの人の邪魔になるので基本見えない感じ)。三階の後ろにある一幕見でもやっぱり見えないので、「歌舞伎座取り壊しの前に行ったよ」、ってな気持ちでお楽しみください。ゆるい雰囲気で気楽に過ごせるという点で私は一階より三階が好きです^^ あ、オペラグラスか双眼鏡はあった方がいいですよ。(劇場で貸し出しもあるけど)
Commented by ばむ at 2010-03-01 12:39 x
そっかぁ、リサーチ不足でした。歌舞伎「座」を楽しむ気持ちで行ってきます。双眼鏡は必須ですね!
次回は狐か蛙をリクエストされました。
Commented by SwingingFujisan at 2010-03-01 13:42 x
あら、この木、切られちゃうのですか…
歌舞伎座を撮るときはいつも除けていた木だけれど、寂しいですね。
この写真、素敵な思い出になります。ありがとうございます。
Commented by urasimaru at 2010-03-01 14:25
ばむさん、国立劇場の三月公演は宙乗りとかあってお薦めかも。くわしくはこちら
http://www.ntj.jac.go.jp/performance/3172.html
Commented by urasimaru at 2010-03-01 14:28
SwingingFujisanさん、3月末までにはこの通りの木は全部なくなっちゃうらしいです。観劇の際、まだあるといいですね。^^
Commented by SwingingFujisan at 2010-03-08 18:17 x
こんにちわ。初日に私も写真を撮ったのですが、色々でやっと今頃アップしました。
TBさせていただきました。
Commented by urasimaru at 2010-03-08 19:38
SwingingFujisanさん、TBありがとうございます。明後日の発売を考えて今からドキドキしています。^^;
<< げんきをだして ホトケノザ >>