ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

御名残四月大歌舞伎第二部メモ

歌舞伎チャンネルのカメラが入ってました(ち、NHKじゃないんだ…)
大好きな三階でぼーっと観てきました。
寺子屋
熱演。いつもより大人っぽい?いろいろ細かいところが違ってる。自分は拍手とかしてるばあいじゃないって感じで見てたけど体調的に眠かったのでちょっとね。
勘三郎の体の動きでの演技がすごくいいな、って思った。
松王丸の泣いていくときの細かい手順がすごいと思った。(ほめてる)
三人吉三
この三人がそろってるってだけでしあわせ

藤娘
ふっくらはんなり、日本人形みたい…博多人形じゃなくて布製の人形。押し絵羽子板とかそんな感じ。
三味線の聞かせどころで初めて拍手がでなくてうれしかった。

終演後、ブロマイドを買った。三部の最後の幕間は非常に混雑するのでそれより前がいいらしい。

歌舞伎座にはチケットがないと入れないけど、ここでブロマイドは買えます。28日まで。
文明堂の手前を左に曲がって(歌舞伎座稲荷の見える道)最初の角で右に曲がって右側です。普通の写真屋さんです。許可を得てこの写真撮りました。ブロマイドは入口から見えない方向に貼ってあります。
e0043465_21191432.jpg

販売時間は、平日が11-6時、土日が12-5時です。

なんとチケット販売口のそばに明日の当日券待ちの人がいました…



第二部

  菅原伝授手習鑑
一、寺子屋(てらこや)
 寺子屋を開く武部源蔵は、匿っている菅丞相の嫡子菅秀才を救うため、寺子をその身替りにすることを思いつきますが、与太郎をはじめ、どの子も山家育ちばかり。そんな中、今日寺入りしてきた小太郎は品もあって身替りにふさわしく、源蔵は妻の戸浪に、その決意を明かします。まもなく松王丸と春藤玄蕃が現れ、源蔵は小太郎の首を差し出しますが、首実検役の松王丸はその首を菅秀才の首と認めます。
 やがて小太郎の母の千代がわが子を迎えに来たので、源蔵が千代に斬りかかると、千代は小太郎が身替りの役に立ったかと尋ねます。源蔵が驚くところへ松王丸が再び現れ、実は小太郎は松王丸と千代の子で、松王丸は菅丞相の恩に報いるために、我が子を身替りとするべく源蔵のもとへ差し向けたことが明らかとなります。更に松王丸は、匿っていた丞相の御台、園生の前を招き入れ、一同は小太郎の冥福を祈るのでした。
 重厚な義太夫狂言の名場面をお楽しみ頂きます。

二、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)
 節分の夜更け、大川端庚申塚でのこと。夜鷹のおとせに美しい娘姿の盗賊、お嬢吉三が近づき、おとせの懐から百両を奪い取ったうえ、大川へ突き落とします。一方、これを見ていたお坊吉三は、お嬢からその百両を巻き上げようとして、ふたりは争い始めます。しかしそこへ通りかかった和尚吉三が、ふたりを仲裁します。ふたりは百両を和尚に預けることとし、今日の出会いをきっかけに、三人の吉三は義兄弟の契りを交わすのでした。
 七五調の名台詞もおなじみの黙阿弥の名作をお楽しみ下さい。

三、藤娘(ふじむすめ)
 松の大木のもとに、塗笠をかぶり藤の枝を手にした愛らしい娘姿の藤の精が現れ、男心のつれなさを名所近江八景によそえて踊ります。そして娘の恋を艶やかに踊り、松を好きな男にみたてて差しつ差されつ盃を交わすうち、ほろ酔いの姿を見せます。続いて気分を変えるように賑やかな手踊りとなりますが、やがて日も暮れ、いつしかその姿を消すのでした。
 華やかで可憐な舞踊をご堪能頂きます。
第二部


  菅原伝授手習鑑

一、寺子屋(てらこや)

             松王丸  幸四郎
              千代  玉三郎
              戸浪  勘三郎
          涎くり与太郎  高麗蔵
             菅秀才  金太郎
            百姓吾作  錦 吾
            園生の前  時 蔵
            春藤玄蕃  彦三郎
            武部源蔵  仁左衛門


二、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)

  大川端庚申塚の場

            お嬢吉三  菊五郎
            和尚吉三  團十郎
           夜鷹おとせ  梅 枝
            お坊吉三  吉右衛門


三、藤娘(ふじむすめ)

             藤の精  藤十郎
[PR]
by urasimaru | 2010-04-20 21:27 | 歌舞伎 みた | Comments(2)
Commented by とこ at 2010-04-21 08:32 x
おはようございます。
ブロマイド販売情報、ありがとうございます。
歌舞伎座内は、凄い混雑でよく見られないんですよね。この写真屋さんは、歌舞伎俳優さんもお見かけします。
Commented by urasimaru at 2010-04-21 19:33
販売時間は、平日が11-6時、土日が12-5時だそうです。歌舞伎座内は戦争みたいになってますね。^^;
<< 歌舞伎美人時計に参加しちゃいました 壊れてる >>