ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

前進座の「切られお富」

国立劇場で見てきました。前進座は初めてです。
花道の外側の席をとったんだけど、前方の人の座高が高くて頭と頭の間から透かし見る感じでしんどかった。
河原崎國太郎のお富は特に後半のワルになってからが色気と可愛さがたっぷりで引き込まれた。独特のはかない雰囲気があって、それがお富にぴったりな感じ。
七代目嵐芳三郎襲名の口上があって、松竹よりまた一段と濃い家族的雰囲気を感じた。与三郎は一生懸命つとめてるって感じ。年代的にもそんなもんだろうな。お隣のお客さんは彼の現代劇が非常によかったので見に来たそう。歌舞伎って場数が必要だな、なんて思ったりしました。
面白かった。
やっぱり国立劇場って客席に一体感が生まれにくくて、なんか「お勉強」な雰囲気になっちゃうんだよねー。吉祥寺で見たらもっと楽しそう、って思った。来月の観賞会のチケット引き取って来た。



表向きは絹問屋、実は盗賊の観音久次こと赤間源左衛門〔梅之助〕。
その手代の蝙蝠(こうもり)の安蔵〔矢之輔〕は、今日こそ、かねて横恋慕する赤間の妾・お富〔國太郎〕への思いを遂げようと、悪い仲間と示し合わせ、彼女を攫(さら)って滑川の辻堂前で……。
あわやというとき、かつて木更津の船中で見初め、契りを交わした浪人の井筒与三郎〔広也改め七代目芳三郎〕が来かかり、助けられる。と、激しい雷鳴。二人は辻堂へ……。
その密会を知った源左衛門は、お富をなぶり切りにして、川に捨てさせる。

赤間源左衛門に半死半生の目にあわさたお富を助けた安蔵は、薩埵峠に茶屋を出し同棲する。
三年の後、たまたま通りかかった与三郎は、疵だらけのお富と再会。
お富は、与三郎が自分の主筋の子息であると知り、さらに彼が仕える主家・千葉家の宝、名刀北斗丸を探し求める浪々の身で、所在は尋ねあてたものの買い戻す二百両に窮しているとわかると、その金の調達を引き受ける。

安蔵とぐるになり、今は府中の弥勒町で女郎屋の主人におさまっている源左衛門の弱みをつき、首尾よく二百両を強請りとる。
お富と安蔵が引き上げたあと、お富の言うなりに二百両を与えた源左衛門を訝った女房のお滝〔辰三郎〕に、源左衛門は自分の前身を打ち明ける。
と、その様子を、客を装い窺い聞いていたのは千葉家の宝刀詮議の忍び役・舟穂幸十郎〔圭史〕。宝刀北斗丸を奪って売り払った源左衛門を捕えにかかる。

一方、源左衛門の見世からの帰り道、お富と安蔵は狐ヶ崎の畜生塚で、強請りとった二百両を奪い合う。
安蔵は傘をカセに、お富は出刃をかざしての立ち廻り―――。
[PR]
by urasimaru | 2010-05-18 21:17 | 歌舞伎 みた | Comments(2)
Commented by SwingingFujisan at 2010-05-20 09:04 x
これ、とても良いらしくて私も見たかったのですが、日程が合わず断念。
芳三郎さんの一族って、かなり華麗なる一族なんだなあと、系図を見てビックリしました。
国立の雰囲気、わかりますわかります。
Commented by urasimaru at 2010-05-20 17:03
たまたま当日の体調も悪かったんであまり堪能できなかったんですが、良いもの観ました。ちゃんと伝えられなくて歯がゆいです><似てるってわけでもないと思うんですけど、宗十郎さんを思い出しました。
お客さんの雰囲気はすごくよかったですよ。本拠地でみたらもっと楽しそう、って思いました。

さあ、演舞場に向けて調子を整えなくっちゃ。

<< マルバウツギ ジュウニヒトエ >>