ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新橋演舞場 七月大歌舞伎夜の部 メモ

チオビタを飲むなら開演前だなー。
暫の後食事をしてどもまたに備えてチオビタを飲んだんだけど、前半ねちゃった。又平がしゃべり始めてから目が覚めて、そのあとは集中できたので、よいお芝居だったのはわかった。構造上の理由もあるだろうけど、暫より「傾城反魂香」の演者の方が大汗の熱演(暫がそうでないってわけじゃなくて!)。でも前半寝たせいか、全員がやるべきことをきちっと立派にやっているっていうお芝居の構造を観賞した、って気分。あと、虎の構造がちょっと分かった。角度のせいだとおもう。この虎がヒョウ柄っぽいのがいつも印象的なんだけど、昔の人は虎のメスがヒョウだと思ってたっていうのを踏まえてるのかなあ。今回は 猿三郎さんのブログで教わった、虎を消すときに「龍」と書く、っていうのがわかっておおって思った。^^
まあ寝ちゃったのでこれはそのぐらい。ああもったいない。鼻をすする音以外シーンとした客席で、みんな入り込んでみてたと思う。

暫、最近あんまり暑いので團十郎さんの体調が心配だったんだけど、元気そうでうれしかった。「しばらく~」の声を聞いただけでこちらは胸がわくわくする。
演舞場で暫をやったのは初めてではないかしらん。やっぱり狭そうだったけど、それはそれで工夫してやっているみなさんの様子がうれしかったりした。でも、花道で横を向いて台詞を言うと、声が横にしか響かないので三階としては遠く聞こえた。こういうことは次代の歌舞伎座では絶対ないよね?
暫もあらすじを追うっていうよりメンバーのそれぞれを観賞したりして楽しみました。まあこれはそういうものだし。
馬盗人がめちゃくちゃ面白くて、(チオビタが一番効いてたかも?)大爆笑。大道具の転換にも拍手が起こってたり、傾城反魂香で激しく集中した客席がいい感じで沸いていた。「ウマジャヒト号」が真ん中に写ったブロマイドが売り切れてた。この足は前脚―坂東大和、後ろ脚―坂東八大さん。看板に載ってないね、って若い女の子も残念がってた。はじめてプログラムに馬の脚の役者の名前が載ったという作品だそうです。
三津五郎さんのサイトにいろいろ載っています。(来月から過去分に移動すると思います。)
そういえば、後見が三津之助さんだった。めずらしい?と思ってよく考えたら、三津右衛門さんは馬の脚の経験者なので、なにかのときにすぐ出られるようにとのことかしら、と思ってみました。
三津五郎さん、鹿島入道震斉でいながら小金丸の巳之助さんが出てきてからはずっとお父さんの顔で見ていたなあ。^^小金丸、わりと最近ご本人もやってたし(びっくりの若さだった)。なんかこの二人の親子共演がいいなあっってしみじみおもいました。




一、歌舞伎十八番の内
  暫(しばらく)
 鶴ヶ岡八幡の社頭。巨悪清原武衡は、天下を狙おうと画策。加茂次郎はじめ善人方はその傲慢な振る舞いを糺そうとしますが、武衡は次郎たちの首を刎ねるよう命じます。その時、「暫く、暫く」と呼びとめる声と共に鎌倉権五郎が駆け付け、武衡の悪事を暴きます。
 歌舞伎十八番の一つで、荒事の代表作。歌舞伎の様式美に富んだ舞台をお楽しみ下さい。

二、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
  土佐将監閑居の場
 絵師土佐将監の弟子又平は、師の閑居を妻おとくと訪れ、土佐の名字を許してほしいと願い出ます。言葉が不自由な又平に代わって、おとくが切に訴えますが、絵から抜け出た虎を描き消して見せた弟弟子の修理之助や、主君のお家の大事に馳せ参じる雅楽之助のような功績もない又平は門前払い。悲嘆に暮れた夫婦は、死を決意します。又平は今世の名残りに手水鉢に自画像を描きます。すると、その絵は石を貫き、手水鉢の裏側に抜ける奇跡が起こります。
 近松門左衛門が描いた、夫婦の慈愛溢れる名作をご覧下さい。

三、馬盗人(うまぬすびと)
 峠の道。馬を曳いて千鳥足でや
ってきた百姓の六兵衛は、馬を木に繋ぐと清水を飲みに崖を下っていきます。六兵衛を付け狙うならず者の悪太とすね三は、馬を盗もうと企みます。そこで悪太は、繋がれていた馬の荒縄を自分の首にかけ、すね三に馬を麓まで曳かせていきます。戻った六兵衛は、馬が人間に化けたと、びっくり仰天し......。
 昭和三十一年に初演され、平成八年に新しい振付で復活されました。馬が大活躍するお伽噺らしいおおらかな舞踊劇をお楽しみ下さい。

一、歌舞伎十八番の内

  暫(しばらく)

           鎌倉権五郎  團十郎
          鹿島入道震斎  三津五郎
            加茂次郎  友右衛門
            成田五郎  権十郎
             桂の前  門之助
           足柄左衛門  亀 寿
            加茂三郎  松 也
             小金丸  巳之助
            大江正広  新 悟
            埴生五郎  桂 三
            荏原八郎  由次郎
            東金太郎  市 蔵
            局常盤木  右之助
          家老宝木蔵人  家 橘
         那須九郎妹照葉  福 助
            清原武衡  段四郎

二、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)

  土佐将監閑居の場
            浮世又平  吉右衛門
           女房おとく  芝 雀
          土佐修理之助  種太郎
           将監北の方  吉之丞
          狩野雅楽之助  歌 昇
            土佐将監  歌 六

三、馬盗人(うまぬすびと)

          ならず者悪太  三津五郎
         ならず者すね三  巳之助
           百姓六兵衛  歌 昇
[PR]
by urasimaru | 2010-07-23 01:27 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 地球ドラマチック「コロンブスは... ゴーヤが爆発 >>