ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新橋演舞場 八月花形歌舞伎  第三部

 猿弥の舞台番ってなんじゃらほいって思ってたら、舞台転換の間を利用して三角屋敷のあらすじを説明する役だった。四谷怪談忠臣蔵をみて、すっごく重要な場面だと思ったので、よい考えだと思った。
お岩さまをはじめ勘太郎大奮闘。特に薬をありがたく飲むあたりが緊密で、ラインがきれいで、とってもよかった。やっぱ勘太郎いい!

でもこっちも夏バテとかで疲れてるから、二幕目の伊藤ごろしで「恐ろしき執念じゃなー」で終わってもいいよ、って気になった。でも最後与茂七が出てきて気分的にすっきりしたのでやっぱその方がいいか。

海老ちゃんの伊右衛門、期待してたんだけど、やっぱり千本桜で全力を出すためか力抜いてる感じ。サボってるってわけでもないんだけど、凄味がなくて、見た目的にはおっけーだけど中身がないって感じ。
まあ伊右衛門って人はなかみがなくて慾だけで動いてるような人で、虚無的な人物だからながされるままって感じでもいいと思うけど、空虚な人物っていうんじゃなくて、空疎な人物って感じ。そのくせ小技で笑いを取りに行ったりするのは、今の段階では温かく見守っちゃうけど、マンガみたいになっちゃうからやっぱりどうかなー。
伊右衛門が「絶対的現実の悪」で、それに対抗する「超常現象の力」がお岩さま、って感じの、なんつーかウルトラマンの怪獣みたいな伊右衛門が海老ちゃんで見たい。次よろしく。

でも、勘太郎の初役みた!って自慢できる舞台で、しっかり楽しんできました。
小山三さん元気だなあ。(*^_^*)



第三部


通し狂言

東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)

  序幕 浅草観世音額堂の場より
  大詰 仇討の場まで

   お岩/小仏小平/佐藤与茂七  勘太郎
           直助権兵衛  獅 童
              お袖  七之助
              お梅  新 悟
         茶屋女房おまつ  歌 江
             舞台番  猿 弥
              宅悦  市 蔵
           伊藤喜兵衛  家 橘
          民谷伊右衛門  海老蔵

通し狂言
東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)
 民谷伊右衛門は、妻のお岩と引き離され、また御家断絶の騒動に紛れて御用金を盗んだことを知った舅の四谷左門を手にかけます。一方、お岩の妹お袖に横恋慕する直助権兵衛は、お袖の許嫁の佐藤与茂七を襲います。伊右衛門と直助は、犯人を知らないお岩お袖の姉妹を騙し、敵を討ってやると約束します。伊右衛門のもとに戻ったお岩は、産後の肥立ちが悪く、隣家の伊藤喜兵衛宅から贈られた薬を飲むと発熱し苦しみだします。実は、贈られた薬は毒薬で、孫娘お梅のためにお岩の顔を醜くして伊右衛門と夫婦別れさせようとの喜兵衛の策略でした。伊右衛門も、お岩の世話をする按摩宅悦に不義をしかけるよう指示するなど、心変わり。宅悦から真相を聞いたお岩は......。
 「髪梳き」「戸板返し」「提灯抜け」と怨念や恐怖を効果的に見せる歌舞伎ならではの演出と仕掛けも見どころの鶴屋南北の代表作。人間の業を赤裸々に描いた、夏芝居にふさわしい怪談物の傑作をお楽しみ下さい。
[PR]
by urasimaru | 2010-08-12 00:30 | 歌舞伎 みた | Comments(2)
Commented by SwingingFujisan at 2010-08-12 21:18 x
伊右衛門って何を考えているんだろう、といつも不思議でしたが、結局刹那的な生き方しかできず、何にも考えていないんだろうと思うようになりました。そういうものはよく表われていたのではないかしら…。声が変なのが気になりました。
勘太郎さんのお岩、よかったですねえ。
小山三、一時は病気されたりして心配したけれど、ほんとお元気で安心しました。
Commented by urasimaru at 2010-08-12 22:47
海老ちゃんの色悪、すっごいすっごい期待してたのでこんな書き方になってしまいました。^^;実際は涎垂らしながらみてました…。

勘太郎、おそろしい子!(@ガラスの仮面)
ホラーに慣れてしまった観客にしっかり「怪談」を体験させてくれましたね!かなり難しいことだと思います。

獅童は悪くなかったとおもいますが、私は仁左衛門さんでも直助権兵衛ってなんだかわかんない人なんです。
どうも私、このお話に???って感情が強すぎるのかもしれませんね。

あーもう一度確認したい…^^;;;;;
サプライズ、悲鳴だけ聞こえました。うらやましい…^^
小山三さん人間国宝って今回も渡辺さん書いてますね。^-^
<< 寝ちゃった 八月花形歌舞伎 第一部 さようなら井上ひさし 「黙阿弥... >>