ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

又観たい四谷怪談

新橋演舞場 八月花形歌舞伎  第三部
もう一度観てきた。良かった!
自分の調子もよかったし(実はこれが一番影響が大きいかもしれないけど、自分ではそれを除外した感想は持てないので) 上演しているうちに進化しているから、ホントに良くなった!って思った。
脇の人も全員芝居が深くなって人物が粒立ってきて、全体の調和がとれて、一つの世界になってきて、不条理な筋書きも(わかってるせいもあるけど)納得できる雰囲気を醸し出していた。
メインで一番進化したと思ったのは獅童。直助権兵衛って人が生きてるって感じがしたし、この人を歌舞伎の舞台でいける!って思ったのは正直初めて。ああそう思えてホッとしたー。
中村屋兄弟は、馴染んできて「中村屋っぽさ」が出てきた感じ。お岩様はおどろになってからの演技が、前はちょっと男っていうか勘太郎が見える感じだったのが、女でお岩様で継続するようになったって感じ。
海老ちゃんは、「俺の伊右衛門はこれだ!」っていうのが出来上がった感じ?なんか、前のときは、納得しきれてないのかな?って感じで不安定な気がしたんだけど、全体的に線が太く、美しい悪役を安心して堪能出来るようになった。浪宅の最初の部分、前回はお岩に体調を聞くあたり、ホントは優しい人?って感じがして、どう受け取ったらいいのかわかんなかったんだけど、今回はそこでそういう感じはなく、「常から邪剣な伊右衛門殿」っていうお岩の台詞がすんなり受け止められた(前は、え、そうなんだ?って思った)
舌を出すのは前より確信してやってる。これも当世風か。
最後、切り口上になる前、与茂七の刀が伊右衛門の首にかかって、死ぬぞ、って演技をちょっとしてから切り口上になった。わかりやすくはあるけど笑いが起こってたので、別に勝負をつけなくてもいいんじゃないかって気がした。初心者に親切に、って感じなのかな?私は勝負つけないで切り口上が好き。

サプライズが私の後ろの席の4,5人左位にでて、一瞬見えたヽ(^。^)ノ
前とタイミングがう変わってたのでびっくりした。
猿弥さんの出番のときドブから退場していったお客さんがいて、猿弥さんびっくりしつつも「また帰ってきてくださいね」とか言う、というハプニングがあった。

このメンバーで三角屋敷を入れてまた観たいなー
というかもう一度ポチっとしてしまいそうでやばい。^^;
[PR]
by urasimaru | 2010-08-22 01:35 | 歌舞伎 みた | Comments(4)
Commented by SwingingFujisan at 2010-08-23 09:07 x
ああ、いいな、いいなあ。
まずはurasimaru様の中でこの「四谷怪談」が納得できるものになったことが嬉しいです。私ももう一度見に行きたいけれど、合同公演とか亀治郎とか入れすぎちゃったから、ガマンガマン(何でもかんでも、ってわけにはいきませんものね)。
でも、これだけアツくなっているurasimaru様のレポを拝読すると、やっぱりもう一度見たいなあという気持ちになってくる… (^-^;
Commented by urasimaru at 2010-08-23 14:14
四谷怪談初体験の友人もとても堪能したと言ってくれて、よかったです~。
亀ちゃんの会、うらやましいです^^レポ、楽しく読んでいます。 いくつかの演目は本公演で見られる日を心待ちにしています。
あの位の世代が最近ますます目が離せない感じにですね!
合同公演も観ます!アツイ八月です。

今日は処暑なんですが、ね。。。複数の歌舞伎俳優の方が、ブログ等で炎天下の屋外で働いているぬいぐるみ師に共感とエールを送っていました。^^:
Commented by kirigirisu at 2010-08-23 14:27 x
ご無沙汰してまっす。私も先週19日に見に言ってきました。この日は、お二人ほど席を立たれて、猿弥さん「あっ、おトイレですか?お早めお戻りください」なんておっしゃってました(^^) 伊右衛門さんが坊やの着物やら蚊帳を刀のところにひっかけて、部屋の中をふてぶてしく歩くときのいやらしぃ~~感じが素敵でした。(^^;
Commented by urasimaru at 2010-08-23 22:24
kirigirisuさん、こんにちはー。伊右衛門さん、衣類を懐に突っ込む手順もずいぶん上達していました。(最初のときはだらんとしてた)
「首が飛んでも」って台詞のところ、(根拠はないけど)動きそう、っていう雰囲気が出てて、ああ再見してよかったー♪と思いました。

いろいろ考えると来月西へ行きたくなってしまいます。翼が欲しい羽が欲しい、まずは先立つものが欲しい。^^;;;
<< 第16回稚魚の会歌舞伎会合同... 猿之助に関する深夜の懺悔 >>