ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新橋演舞場 吉例顔見世大歌舞伎 夜の部

予想してたよりずーっと楽しめました。なんか、演目しぶいな…って感じであまり期待してなかったかんじだったんだけど、いろいろあってもやっぱり顔見世だなーって感じでした。

逆櫓 段四郎さんに泣かされたー。
金太郎ちゃんがとてもきれいな子になってて(前は小さいなーとしか)先々が楽しみ。孫はかわいいよね、ってクロスオーバー効果で感情移入できた。魁春さんのお筆、今までで一番「この人もいろいろたいへんなんだよねー」って感じで同情できた。なんか、最後あのあと一人で自害とかしそうな気がしちゃった。富十郎が休演なのはちょっと残念だけど、お大事に。
あ、そうだ、高麗蔵さんの女形ってちょっとキツイ感じがいままでしてたんだけど、今回は母性が感じられて良かった。

梅の栄
なんか前半と後半のつながりがないような気がしたけど、芝翫さん大好きだからなんでもいいや。あのかわいらしさってなんなんでしょうねー。お正月気分=歌舞伎の正月=顔見世気分。

都鳥廓白浪
ははは黙阿弥だなー^^;って感じで、もうなにがどうでもいいや、菊ちゃんきれいだし。菊五郎劇団は安心して楽しめる。惣太って勘平みたい、ってなんか思った。おまんまも楽しかった。菊五郎さんが最後楽しめて気が変わってよかったよかったって感じ。
萬次郎さんもっと見たいなー。
歌六さんがあくの強い役をやってくれたのですごく盛り上がったし、團蔵さんもよかったし(いい人だったね)権十郎さんカッコよかったし、世話の脇役の人たちがとてもいい仕事してたなー。

全部の演目をみたら、やっぱり顔見世、役者がそろった感じでした。昼の部が楽しみです。

やっぱこれだね!
e0043465_12161871.jpg




夜の部


一、ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)

  逆櫓

        船頭松右衛門実は樋口次郎兼光    幸四郎
                    お筆    魁 春
               船頭日吉丸又六    友右衛門
               同 明神丸富蔵    錦之助
               同 灘吉九郎作    男女蔵
               槌松実は駒若丸    金太郎
                  畠山の臣  尾上右 近
                  畠山の臣    萬太郎
                 女房およし    高麗蔵
                 漁師権四郎    段四郎
                  畠山重忠    富十郎


二、梅の栄(うめのさかえ)

                    梅野    芝 翫
                   雄吉郎    種太郎
                   佑太郎  尾上右 近
                   暁之丞    種之助
                   修之助    米 吉
                   駒之丞    宜 生


三、傾城花子 忍ぶの惣太

  都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)

   序 幕 三囲稲荷前の場
       長命寺堤の場
   二幕目 向島惣太内の場
   三幕目 原庭按摩宿の場

          忍ぶの惣太/木の葉の峰蔵    菊五郎
  傾城花子実は天狗小僧霧太郎実は吉田松若丸    菊之助
                葛飾十右衛門    團 蔵
                  下部軍助    権十郎
                 吉田梅若丸    梅 枝
                 植木屋茂吉    男女蔵
                御台班女の前    萬次郎
                    お梶    時 蔵
                 宵寝の丑市    歌 六

一、ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)
  逆櫓
 源義経の木曽義仲討伐を背景にした物語です。
 船頭の権四郎は、娘およしと孫の槌松を連れて巡礼に出ます。その旅先で騒動に遭い、子供を取り違えてしまいますが、その子を本当の孫として育てています。そこへ現れたお筆という女によって、その子が義仲の若君駒若丸であると知らされると、およしの夫松右衛門は態度を一変させ、身分を明かします。実は松右衛門は、義仲の遺臣樋口次郎兼光で、主君の若君を守り、船の前方にも後方にも櫓を設けて前後両方に船を進ませる"逆櫓"の計略により義経に近づき、亡君の仇を討つ魂胆だったのです。計略むなしく樋口は敵の大軍に捕り囲まれますが、舅の権四郎のはからいで、若君は敵将畠山重忠に助けられ、樋口は潔く縄にかかるのでした。
 忠義と人情溢れるスケールの大きな時代物を上演いたします。


二、梅の栄(うめのさかえ)
 梅の咲き誇るのどかなある日。梅野は、春の景色をながめながら、可憐な梅の花にたとえて、女心を明るく華やかに舞いはじめます。
 梅を織り込んだ、美しい情景豊かな品格のある舞踊をどうぞお楽しみください。


三、傾城花子 忍ぶの惣太
  都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)
 京の吉田家ではお家騒動が起こり、家名は断絶。嫡子松若丸は行方知れずとなります。吉田家の家臣であった忍ぶの惣太は、家宝都鳥の印を探す旅に出ていた松若丸の弟、梅若丸をあやまって殺してしまいます。惣太は都鳥の印を手に入れますが、自分が身請けした傾城花子に、中身をすり替えられ、逃げられてしまいます。花子は実は松若丸で、都鳥の印を探すために、霧太郎と名乗り盗賊になっていたのです。惣太は花子を追ってやってきますが、やがて斬り合いになり......。
 「梅若伝説」をもとに趣向をこらした河竹黙阿弥の世話物。松若丸が食事をしながら捕手と立廻りをする「おまんまの立廻り」は歌舞伎的なおかしみをふんだんに盛り込んだ場面です。
[PR]
by urasimaru | 2010-11-20 12:09 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< ナナホシテントウ 今朝の夢 >>