ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

面白南極料理人

e0043465_9594319.jpg

ウイルスさえも生存が許されない地の果て、南極ドーム基地。そこは昭和基地から1000kmかなた、標高3800m、平均気温-57℃、酸素も少なければ太陽も珍しい世界一過酷な場所である。でも、選り抜きの食材と創意工夫の精神、そして何より南極氷より固い仲間同士の絆がたっぷりとあった。第38次越冬隊として8人の仲間と暮した抱腹絶倒の毎日を、詳細に、いい加減に報告する南極日記。

今年見たかったけど見逃した映画 南極料理人の原作と思われる文庫を発見したので読んでみました。
そして、観てなかった映画の予告編を今みました。
こぎれいだ!映画は!でも面白そうだやっぱり。

なんか、本はかなりカオスな感じで、でも深遠な人間というものを垣間見させられるようなそうでもないような、面白い本でした。
たぶん書かれた以上に極限状態なんだろうな…低酸素、極寒の戸外でわざわざジンギスカンとか露天風呂とかソフトボールとかの半命がけのばかばかしい「祭り」でガス抜きをしないと、人間が壊れてしまいそうなほどの。
だから高級食材とかばんばん税金で持ってっていいと思います。笑
[PR]
by urasimaru | 2010-12-11 10:19 | | Comments(2)
Commented by SwingingFujisan at 2010-12-20 09:51 x
和田誠ですね。こまつ座のチラシが頭に浮かびました。
関係ない話でごめんなさい。
映画は私も見たいと思いながら見逃しました。
Commented by urasimaru at 2010-12-20 12:53
こまつ座から次のおしらせ来てましたねー。堺雅人さん主演の映画、たまに行く小さな映画館でやらないかなーと期待してます。^^
<< うさぎ マーラ >>