ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新橋演舞場 八月花形歌舞伎 第三部

楽しんできました。こんなかんじ
e0043465_042572.jpg

一、宿の月(やどのつき)
春の月を仲人に、めでたく祝言を挙げたおつると亀太郎。やがて子宝に恵まれ、お宮参りにやってきます。我が子を抱いてはしゃぐ夫に対して、貫禄の出てきた妻は、自分の好まないことをせぬように夫に神様への誓いを立てさせます。歳月を経て、小判磨きに熱心な妻。外で怪しい物音が聞こえ、おつるは夫を外へ突き出します。妻の愛情を確かめようと、賊に襲われたように装う亀太郎。おつるは金包みを放りだして夫を助けてくれと叫びます。互いの心が解かり、手をとりあって美しい宿の月を眺めるのでした。
 夫婦の情愛を描いた田中青滋の作品で、ユーモア溢れる舞踊劇をお楽しみ下さい。
                   おつる  扇 雀
                   亀太郎  橋之助


二、怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)

    中村勘太郎四役早替りにて相勤め申し候
花見客で賑わう江戸向島の隅田堤。絵師菱川重信の妻お関が赤ん坊の真与太郎を抱いてやってきます。泥酔した侍にお関が絡まれているのを救った浪人磯貝浪江は、これが縁で重信の内弟子となりますが、高田の南蔵院本堂の天井画を描くために重信が家を留守にした間に、お関を我が物にしてしまいます。さらに、下男正助を仲間に引き入れると、深夜、落合田島橋で重信を殺害します。一方、南蔵院では、死んだはずの重信が霊となって現れ、雌雄の龍の両眼を描き入れて絵を完成させると、忽然と姿を消してしまいます。悪業を隠してお関と夫婦になった浪江は、今度は、正助に四谷角筈十二社の滝壺へ真与太郎を棄てに行かせますが...。
 三遊亭円朝の口演をもとにした怪談噺。父勘三郎の当り役を受け継ぎ、勘太郎が四役早替りで上演する話題の舞台です。

うわばみ三次/下男正助/菱川重信/三遊亭円朝  勘太郎
                    お関  七之助
                  住職雲海  市 蔵
                  磯貝浪江  獅 童
[PR]
by urasimaru | 2011-08-18 00:05 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< ユーカリが出産したそうです。 ジャックルマロワ賞2011(英語) >>