ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新橋演舞場 八月花形歌舞伎 第一部

一、花魁草(おいらんそう)
遅刻して、歌江さんがしゃべってるあたりから見た。
楽しめた。橋の前の舞台転換はちょっと長すぎ。まあ最大限頑張ってるんだろうって思うけど。
「花魁草」を植えるってどーゆー神経じゃい、っていう突っ込みをしたくなったが、題名だ しかたなかろう。

江戸時代の終わり。安政大地震を生き延びた女郎のお蝶と大部屋役者の幸太郎は、百姓米之助に助けられた縁で、栃木にある米之助の家で間借りして生活をするようになります。米之助は二人に所帯を持つように勧めますが、昔、身も心も尽くした男に裏切られ、暗い過去をもつお蝶は、夫婦になることを躊躇していました。そこへ、猿若町の座元勘左衛門や芝居茶屋の女将お栄がやってきて、幸太郎に芝居へ復帰することを勧めます。二人は江戸へ旅立ちますが...。
 巧みな劇作術で人心の機微を叙情味豊かに描く北條秀司の作品。女郎と役者の儚い愛の物語をお楽しみ下さい。
                    お蝶  福 助
                   幸太郎  獅 童
                   米之助  勘太郎
                   客孝吉  亀 蔵
                    お糸  新 悟
                小料理屋女房  歌 江
                   五兵衛  市 蔵
                   お八重  高麗蔵
                  勘左衛門  彌十郎
                    お栄  扇 雀
  
二、
伊達娘恋緋鹿子
櫓のお七(やぐらのおしち)

人形振り、大変そうっておもった。がんがれ。

 大雪の江戸本郷。八百屋久兵衛の娘のお七は、寺小姓の吉三郎と恋仲になりますが、お七が恋焦がれる吉三郎は、宝剣天国紛失の咎により今宵中に刀が手に入らなければ、もはや切腹という窮地に追い込まれています。吉三郎に刀の在処を知らせたいとやってきたお七ですが、すでに夜更けを過ぎ、町木戸は堅く閉ざされています。お七は、御法度を承知の上で、降りしきる雪の中、火の見櫓にのぼると渾身の力を込めて太鼓を打つのでした。
 恋に燃えた美しい娘の悲哀を、文楽人形の動きをなぞる「人形振り」で表現した舞踊をご覧下さい。
                 八百屋お七  七之助

芝喜松さんのブロマイド二枚買っちゃったw
あと、歌江さんと三津之助さん。小三山さんは先に買ったのよりきれいに撮れてるなーと思ったんだけど、2種類売り切れだし、来年買うから!って思ってやめてみた。
先月もエビちゃんを買おうとして結局小六が杯受けるところだけで、なんかマニアックな買い方をしてしまった。まあいいです。
[PR]
by urasimaru | 2011-08-23 11:51 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< ソニービルで沖縄の貝を見ました 第九回亀治郎の会(加筆修正しました) >>