ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部

おーこんなめでたい和んだ気持ちで歌舞伎を見たのは歌舞伎座がなくなって以来はじめて。まあ、こっちの歌舞伎に関係ない事情とか大いに影響してるんだけど。こんなことしたり。
e0043465_2347306.jpg
e0043465_23472359.jpg

でも、なんか客席の雰囲気が「歌舞伎座っぽい」って思いました。
鯛焼きは二回目の幕間までしか売ってません。

e0043465_2332517.jpg

先代の又五郎様が好きで好きで好きだったので、(海老より二左様よりもだ!)どう思うんだろう私って思ったんだけど、なんか当代めちゃくちゃ応援する!ってがぜん思った。

秀山祭九月大歌舞伎
中村歌 昇改め 三代目 中村又五郎襲名披露
中村種太郎改め 四代目 中村歌昇襲名披露

一、沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)
 大坂夏の陣、落城の迫る大坂城。亡き秀吉の側室で気位の高い淀君は、息子秀頼の妻で、敵の家康の孫娘にあたる千姫を手放そうとしません。千姫が徳川軍の内通者の助けによって、戦乱に紛れて豊臣方を脱出した事を知った淀君は乱心してしまいます。側近の大野修理之亮らは豊臣家の存続を考えて、秀頼に降伏を勧めます。秀頼は承伏しかねますが、狂気に陥り、家来の氏家内膳にしなだれかかる淀君の様子を見て耐えきれず、開城を決意するのでした。
 滅びゆく豊臣家一族の姿を詩情豊かに綴った坪内逍遙作の名作史劇をご覧頂きます。
二の丸乱戦の場
  城内山里糒庫の場
                  淀君       芝 翫
                豊臣秀頼  歌 昇改め又五郎
                  千姫       芝 雀
              大住与左衛門       錦之助
                石川銀八       児太郎
                大蔵の局       吉 弥
                 正栄尼       東 蔵
              大野修理之亮       梅 玉
                氏家内膳       吉右衛門
何度か見てるんだけど、初めて立場的違いとか理解してみたかも。(起きてたってこと?汗)梅玉さんとキッチーが、とか。
新又五郎の秀頼が凛々しくて素敵。芝喜松さんぐっじょぶ!

二。口上
                      歌 昇改め又五郎
                      種太郎改め歌 昇
藤十郎 東蔵 芝雀 松緑 福助 魁春 吉右衛門 芝翫 歌六 錦之助 種之助 染五郎 段四郎 梅玉
                           
 又五郎の名跡は、播磨屋一門にとって大切な名跡で、その名を襲名することになった歌昇改め三代目又五郎、種太郎改め四代目歌昇と、幹部俳優が揃って、襲名披露のご挨拶を申し上げます。
口上のメンバー選びって、結婚式のメンバー選びみたいだねーって思った。(今まで思わなかった…)



  菅原伝授手習鑑
三、車引(くるまびき)
 吉田神社の社頭で菅丞相の舎人梅王丸と斎世親王の舎人桜丸が互いの主人を追い落とした藤原時平に恨みを晴らそうと、参拝に来た時平の行列を襲います。しかし、それを止める時平の舎人松王丸。実は、梅王丸、松王丸、桜丸は三つ子の兄弟ですが、敵味方に分かれて奉公しているのでした。三兄弟が争う内に、牛車の中から時平が現れると、梅王丸、桜丸は時平の迫力に身をすくめてしまいます。松王丸は二人を成敗しようとしますが、時平は松王丸の忠義に免じてそれを止め、三兄弟は遺恨を残しながらもその場を後にするのでした。
 様式美に溢れ、歌舞伎の醍醐味が堪能できる華やかな舞台をお楽しみ下さい。
梅王丸  歌 昇改め又五郎
                 松王丸       吉右衛門
                 杉王丸  種太郎改め歌 昇
                藤原時平       歌 六
                  桜丸       藤十郎
歌舞伎だなーって思った。襲名ならではの顔合わせだよねw 藤さまの桜丸、元気ないかなーと思ったりするときもあったんだけど、何気ない風情が前髪の美青年で、それにつられて梅王丸(あの拵えがちょっと大変そうだけど、すごく立派。ガンバ!)も前髪なんだなーとか思って、三つ子の年齢をちゃんと意識できた感じ。新歌昇くんも、足の親指立ててずっとがんばってる! 歌六さんって背大きくないはずなのに大きさを感じるのはさすが。

  増補双級巴
四、石川五右衛門(いしかわごえもん)
 天下の盗賊石川五右衛門は、天皇の使いと偽って将軍の証である御正印を奪い取ろうと公家の呉羽中納言に化け、白昼堂々足利義輝の別荘に乗り込みます。そこへ現れたのは、饗応役としてまかり出た小田春永の名代此下久吉。実は久吉と五右衛門は、三河の犀ケ嶽で奉公した時の朋輩。打ち寛ぎますが、久吉は、五右衛門に古ぼけた葛籠(つづら)を買えと言います。なんと葛籠の中には五右衛門の父次左衛門が入っており...。
 初代吉右衛門の当り役の五右衛門。葛籠抜けの宙乗りなど、歌舞伎らしい趣向に富んだ奇想天外な物語をお楽しみ下さい。
  市川染五郎宙乗りにてつづら抜け相勤め申し候

              石川五右衛門       染五郎
                三好長慶       松 江
                三好国長       亀 寿
                 左忠太       廣太郎
                 右平次       種之助
                次左衛門       錦 吾
               呉羽中納言       桂 三
                此下久吉       松 緑

おーそういう話だったのか、石川五右衛門。楼門のところで、松緑さんの声ってこんなに良かったっけ?って思った時があって、なんかどきどきした。今後来そうだ。
[PR]
by urasimaru | 2011-09-01 23:48 | 歌舞伎 みた | Comments(2)
Commented by てぬぐい… at 2011-09-03 23:29 x
久々に祝幕があるってことだけで、なんか嬉しいです。
なかばに見にいきます。
Commented by urasimaru at 2011-09-04 16:15
襲名、独特の雰囲気がいいですね♪「ガラスケースの中にいろいろあったり」しなくてちょっぴりさみしいですけど。
梅玉さんの早口を聞くとああ口上だ~って思います。
<< So You Thinkが愛チ... ありんこ式散歩 >>