ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 行ってきました

いやあ行けてラッキー…

踊りはリスニング力がないのでぼーっと見てて、どっちも楽しかった。
お芝居はどっちもなんかしょうもなく不幸な人たちだなあ、と思いつつ、でもどっちも不可抗力っていえば不可抗力?とか思ったり。
新口村は福助のかたちの美しさ、しっとりした雰囲気が素敵だなーって思った。雪の中の二人の着物が続き柄で溶けあうみたいな一体感を感じた。

寺子屋は、又五郎さんの足に最初注目がいってしまったけど、体が動かなかったりするのをなんとかして上演する上で滲み出してくるものが歌舞伎のすごさ、みたいに思う部分もあり(ほんとはもっともっと年齢が上の役者さんの場合だけど)、怪我ではからずもそういう状況になってて、この源蔵さんはちょっと足が不自由だけど、そんなことは関係なく、旧主の子を守るためには鬼になるという気持ちを一つにしたすごく愛し合ってる夫婦っていう感じがすごく感じられた。
吉右衛門は全体に存在感をトーンダウンしたみたいな感じで、でもその押し殺した感情が号泣するシーンに向かってじわじわと溜まってくる、そういうストレスで病気になってるんじゃないか、みたいな感じがした。
全体的に様式美というよりも、私たちの地続きにいる普通の人たちが、自分の力ではどうにもならない運命の歯車に押し流されてギリギリの選択をするドラマって感じがして、きまりきまりのところで拍手をするのもはばかられる思いだった。
だから「いろは送り」のときに「待ってました」って掛け声がかかったのはなんじゃそりゃって思った。源蔵の出にもかかってたし、目立ちたがりの人がいたようです。

勢獅子の手拍子はうれしかった♪

夜の部再見したいけど…。まあ、いろんな意味で貴重な初日が見られたってことで。

ブロマイド売りの人が小賢しく効率的に出そうとして自滅してた。若い番号順に書かない私も悪いが、そんなもんだぜ。同じ服多いし、こっちも混乱した。あ、でも8枚です……




  再春菘種蒔

一、舌出三番叟(しただしさんばそう)

                 三番叟       染五郎
                  千歳  種太郎改め歌 昇


  恋飛脚大和往来

二、新口村(にのくちむら)

                 忠兵衛       藤十郎
                  梅川       福 助
               忠三郎女房       吉 弥
                孫右衛門       歌 六


  菅原伝授手習鑑

三、寺子屋(てらこや)

                 松王丸       吉右衛門
                  千代       魁 春
                  戸浪       芝 雀
              涎くり与太郎  種太郎改め歌 昇
                 菅秀才       玉太郎
                百姓吾作       由次郎
                園生の前       福 助
                春藤玄蕃       段四郎
                武部源蔵  歌 昇改め又五郎


四、勢獅子(きおいじし)

                鳶頭鶴吉       梅 玉
                鳶頭雄吉  種太郎改め歌 昇
                  鳶頭       松 江
                  鳶頭       亀 寿
                  鳶頭       種之助
                 手古舞       米 吉
                 手古舞       隼 人
                 手古舞       歌 江
                鳶頭亀吉       松 緑




秀山祭九月大歌舞伎
中村歌 昇改め 三代目 中村又五郎襲名披露
中村種太郎改め 四代目 中村歌昇襲名披露
平成23年9月1日(木)~25日(日)

昼の部

  再春菘種蒔
一、舌出三番叟(しただしさんばそう)
 荘厳な音楽が奏でられ、神聖な舞台の幕が開くと、千歳と三番叟が座についています。三番叟が、鼓の音に浮かれて舌を出して舞い、千歳も加わり、子々孫々栄えることを寿ぎます。最後に五穀豊穣を願って種蒔きの様子をみせた三番叟は、めでたく舞い納めるのでした。
 秀山祭、そして襲名披露の幕開に相応しい格調高い祝儀舞踊をご覧に入れます。


  恋飛脚大和往来
二、新口村(にのくちむら)
 大坂淡路町飛脚問屋の忠兵衛は、遊女梅川を身請けするために商売の金に手を付け、追われる身となり、梅川とともに生まれ故郷の大和の新口村に辿り着きます。罪人ゆえ身を隠す忠兵衛とその父孫右衛門の間を梅川が取り持ち、父子の再会がかなったのもつかの間、追手が迫ります。親子最期の対面を惜しみながら、二人は降りしきる雪の中を消えて行くのでした。
 死にゆく男女の悲恋と親子の情愛を描いた上方和事の名作をたっぷりとお楽しみ下さい。


  菅原伝授手習鑑
三、寺子屋(てらこや)
 武部源蔵と妻戸浪は、寺子屋を営みながら、流罪となった主人菅丞相の子菅秀才を匿っています。それを知った敵の藤原時平は、菅秀才の首を差し出すよう命じます。窮地に陥った源蔵は、今日寺入りした小太郎を菅秀才の身替りとし、検分役の松王丸と春藤玄蕃の前に、首を差し出します。意外にも菅秀才をよく知るはずの松王丸が、菅秀才の首と認めて去ります。やがて小太郎の母千代が我が子を迎えに来たので、源蔵が千代に斬りかかると、松王丸が現れ...。
 初代吉右衛門が得意とした『寺子屋』の松王丸と源蔵。播磨屋に所縁の深い人気義太夫狂言をご覧に入れます。


四、勢獅子(きおいじし)
 今日は江戸三大祭のひとつ、日枝神社の山王祭。町内の御神酒所へ、鳶頭をはじめ、手古舞、鳶の者たちが勢ぞろいします。ほろ酔い気分で、曽我兄弟の仇討の物語や、江戸前の威勢のいい踊りで、皆を盛り上げます。やがて獅子舞がやって来て、獅子の狂いを披露し、祭り気分もそのままに一同揃って、賑やかに舞い納めるのでした。
 江戸の風俗を織り込み、粋でいなせな常磐津の舞踊をお楽しみ下さい。
[PR]
by urasimaru | 2011-09-22 21:41 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 襲名手ぬぐい 『地球の長い午後』ブライアン・... >>