ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新橋演舞場 芸術祭十月花形歌舞伎 夜の部とりあえず2

面白かったー。
段四郎さんが急病のため右近さんが代役でした。でもさすがにバタバタ感はなかったです。ラスト勢揃いのもともと右近さんの役だった人はいないことになってました。

宙乗りシフトというかなんも考えてなかったって言うか、3階の一番左だったので花道と下手が全然見えなくて悲しかった、。獅童とかほとんどモニター。でも、モニターがあってよかったよ。
えーっと、亀ちゃんの役者としての大きさにびっくりした。もちろん大きく見せるテクニックは使ってるけど(歌舞伎ってすばらしい)気迫とかそういうの。特に波七。

何度か見てるはずなんだけど、忘れてるなー。まあ、筋わかんなくて見る方が最近好きなんだけど。


最近のいろいろで、自分で見てきた歌舞伎の流れとかいろいろ思ったりするんだけど、
歌舞伎見始めたころは歌舞伎座に毎月行くのも気分的に清水の舞台(三階席なんですが。)って感じで、絶対演舞場とか国立劇場とかに手をだしたらいかんとか思ってたりしたのと、その当時の「猿之助は歌舞伎じゃない」みたいな雰囲気が世間的にあったのと若かったので歌舞伎に渋さばっかり求めてたので、歌舞伎座でも澤瀉屋の公演を見てなかったりしたんだよねー。今の熟成度を全然予想していなかったんだなあ。
で、スーパー歌舞伎の「オグリ」を見たかどうかどーしても思い出せないんだな。見てないような気がする。
オグリのころ、オグリキャップでオグリの馬がってすごい話題になってたのを思い出して懐かしかったりした。
鬼鹿毛ってまえもっと頭数いたような気がするけど2頭ですごいと思った(いいかげん)
澤瀉屋の世界でしか見られないものがあって、それが亀ちゃんという強力な中心を得て、新しい星雲が生まれようとしているっていう気分と、猿之助が土を耕し、種を撒き、水をやって育てた成果が今!って感じで感慨深いものがあります。
全然まとまんないや。


猿之助四十八撰の内

通し狂言 當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん)

     市川亀治郎 市川笑也
     天馬にて宙乗り相勤め申し候

    小栗判官兼氏/浪七/娘お駒  亀治郎
              照手姫  笑 也
            鬼瓦の胴八  右 近
      横山次郎/膳所の四郎蔵  猿 弥
             後家お槙  笑三郎
           浪七女房お藤  春 猿
             横山郡司  寿 猿
             横山三郎  薪 車
             局 藤浪  竹三郎
      矢橋の橋蔵/上杉安房守  獅 童
             遊行上人  愛之助
             横山大膳  段四郎

常陸国の領主横山郡司には、照手姫という息女がおり、将軍家の命によって小栗判官兼氏を婿と決め、常陸国を判官に譲ることにしていました。しかし、常陸国の横領を企む郡司の弟大膳と息子の次郎と三郎兄弟は、共謀して郡司の館から判官に家を譲る証文と、管領家からお預かりの重宝勝鬨の轡を奪った上、郡司を殺します。
 その後、領地は大膳が預かり、照手姫は大膳の館に監禁されますが、姫に仕える局藤浪によって救出され、藤沢の遊行上人を頼って遊行寺に向かいます。そして重宝と行方不明の照手姫を探すために大膳の館にやってきた判官に、大膳は味方を装いながら、判官を殺そうと荒馬の鬼鹿毛を広間に放ちます。しかし、さすがは馬術の棟梁、判官は鬼鹿毛を乗りこなし、碁盤乗りの曲馬も見事に披露します。そして、藤浪から郡司を殺したのは大膳親子であることを聞いた判官は、照手姫とともに親の敵を討つことを決意し、鬼鹿毛に乗って遊行寺へ駆け出して行くのでした。
 遊行寺で追手にかかり判官とはぐれた照手姫は、小栗家の家臣だった琵琶湖のほとりに住む漁師浪七と妻お藤に匿われていますが、お藤の兄である極道者の胴八が、金目当てに照手姫をさらいます。危機一髪というところを、照手姫は、浪七夫婦に命がけで助けられるのでした。
 一方、判官は、偶然助けた美濃国青墓で万福長者といわれる萬屋の娘お駒に見初められます。判官は、探し求めている勝鬨の轡が萬屋にあると聞き、婿になることを承諾しますが、祝言の日、この家で下女として働く照手姫と再会します。実は、照手姫は人買いに売られそうになったところを、萬屋の後家お槙に助けられたのでした。判官が祝言を断るので、恋焦がれるお駒は嫉妬のあまり照手姫に刃を向け、それを制した母のお槙に殺されます。そして、判官はお駒の怨念に祟られて顔が醜くなり、さらには、足腰が立たなくなってしまい...。
 「猿之助四十八撰」の一つで、数々の仕掛けを巧みに織り込んだ復活古典狂言の名作。伯父猿之助がたびたび演じてきた判官、浪七、お駒の三役に亀治郎が初挑戦致します。
[PR]
by urasimaru | 2011-10-14 23:29 | 歌舞伎 みた | Comments(2)
Commented by SwingingFujisan at 2011-10-17 00:27 x
段四郎さん、休演なんですか!!
大きくていい演技をしていたのに残念です。早く回復されますように。澤瀉屋のこれからのためにも活躍していただきたいし。

亀ちゃんが浪七のような役をやっても違和感なくなったのってスゴいですね。

PS 若葉の内侍とお里のアイコンタクト、気が付きませんでした。そういうことがあったのかと知って、なんだかほっとしました(いつも、若葉の内侍の人間性がわからないでいたんですよ)。
Commented by urasimaru at 2011-10-17 18:02
今日昼の部行ってきたんですが、段四郎さん休演の張り紙がなくて、復活されたのか、夜の部にならないとお知らせを出さないのかわからないまま帰ってきてしまいました。ブロマイドでお顔を拝見して、見たかったなーと。
是非ぜひ元気で来年の襲名を迎えてほしいです。
亀ちゃん、自分の枠を広げる挑戦をしている姿も素敵です。
若葉の…件、コメントまで読んで下さりありがとうございます。私もほっと救われた気持ちになりました。
<< いがんでいません 最近、電柱さんが少ないとお嘆きかえ? >>