ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新橋昼初日行ってきました。

相生獅子
おめでたい気分になった。獅子にならないで終わるのかと思ってしまうぐらい姫の世界。
獅子はお浜御殿みたいな。
芝雀で二人椀久、見たいな。

金閣寺
綱の感じが今まで見た中で一番合理的な長さ(今まで余ってなかった?)
菊ちゃんはもうちょっと日にちが経ってから見たいなあ。(感想楽しみ)
三津五郎がえろかっこいいw
歌六さん久しぶりの若い役?なんか宗十郎さんを思い出した。
錦之助さん、渋さがでてきたなあ(息子さんたち路上でみかけたよw)
東蔵さんみるとほっとする♪

加賀鳶
うっかり「め組の喧嘩」の筋書きを見ていてあれれとか思ったボケ。
勢揃いはお正月らしくていいね♪声のよい人がそろっているので聞いてて気持ちいい。
菊五郎さんの歩き方が江戸!
道玄のあたりは初日感。トミーのを思い出した。
赤門は面白い^^
e0043465_20132544.jpg
e0043465_2020179.jpg
e0043465_20251697.jpg




昼の部


一、相生獅子(あいおいじし)

                     姫  魁 春
                     姫  芝 雀



二、 祇園祭礼信仰記

金閣寺(きんかくじ)

            此下東吉実は真柴久吉  梅 玉
                    雪姫  菊之助
            十河軍平実は佐藤正清  錦之助
                 松永鬼藤太  松 江
                狩野之介直信  歌 六
                  慶寿院尼  東 蔵
                  松永大膳  三津五郎



三、  盲長屋梅加賀鳶

加賀鳶(かがとび)

  本郷木戸前勢揃いより
  赤門捕物まで

            天神町梅吉/竹垣道玄  菊五郎
                 女按摩お兼  時 蔵
                春木町巳之助  三津五郎
                   魁勇次  又五郎
                 虎屋竹五郎  錦之助
                昼ッ子尾之吉  菊之助
                  磐石石松  松 江
                 数珠玉房吉  亀三郎
                 御守殿門次  亀 寿
                金助町兼五郎  松 也
                    お朝  梅 枝
                  妻恋音吉  権十郎
                  天狗杉松  秀 調
                御神輿弥太郎  團 蔵
               道玄女房おせつ  東 蔵
                伊勢屋与兵衛  彦三郎
                  雷五郎次  左團次
                 日蔭町松蔵  吉右衛門

一、相生獅子(あいおいじし)
 大名家の座敷。二人の姫が優雅な姿を見せて四季折々の様子や、恋に迷う女心を艶やかに舞います。そして、紅と白の獅子頭を手に踊るうち、蝶を追っていずくともなく姿を消します。やがて二人の姫は、獅子の精となって現れ、牡丹が咲き乱れる中、百獣の王である獅子の狂いを見せるのでした。
 勇壮な獅子を題材にした"石橋物"の中で最古の作品。新年の幕開けに相応しい優美で上品な女方の獅子の舞いをご覧下さい。


  祇園祭礼信仰記
二、金閣寺(きんかくじ)
 謀反を企む松永大膳は、将軍足利義輝を殺害し、その母慶寿院を金閣寺の二階に幽閉しています。さらに大膳は、絵師狩野之介直信の妻である雪姫をわがものにしようと、夫の代わりに金閣寺の天井に龍を描くか、自らの意に従うかと迫ります。しかし雪姫は、手本がなければ龍を描くことができないと断り、また夫を裏切ることもできないので殺して欲しいと願い出ると、怒った大膳は、雪姫を桜の幹に縛り付け、直信の処刑を命じます。一方、敵方から降参して来た此下東吉が現れ、機知を見せて大膳の家臣になる事を許されますが...。
 金閣寺を舞台に満開の桜の中で繰り広げられる豪華絢爛な義太夫狂言の傑作をお楽しみ下さい。


  盲長屋梅加賀鳶
三、加賀鳶(かがとび)
 本郷通りの町木戸。大名火消しの加賀鳶と旗本配下の定火消しとの間で大喧嘩が起こり、松蔵をはじめとする加賀鳶が勢揃いします。そんな血気盛んな若い鳶たちを親分の梅吉がとめ、この場をおさめます。一方、菊坂の盲長屋に住む竹垣道玄は、実直な按摩を装っていますが、実は人殺しも厭わない悪党で、女房おせつの姪お朝の奉公先である質店伊勢屋の旦那から五両の金を恵んでもらった事から悪巧みを思いつきます。情婦の女按摩お兼と連れだって伊勢屋へ強請(ゆすり)にやってきた道玄は、お朝から事情を聞いたと作り話をでっちあげ、難癖をつけ脅しますが、そこに松蔵が現れ...。
 江戸の人々を生き生きと描いた河竹黙阿弥の世話物の名作にご期待下さい。
[PR]
by urasimaru | 2012-01-03 11:11 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< やるらしい。 トミー >>