ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

『飼い喰い――三匹の豚とわたし』 内澤 旬子


e0043465_10312230.jpg
これ


「自分で豚を飼って、つぶして、食べてみたい――。世界各地の屠畜現場を取材してきた著者が抱いた、どうしても「肉になる前」が知りたいという欲望。廃屋を借りて豚小屋建設、受精から立ち会った三匹を育て、食べる会を開くまで、「軒先豚飼い」を通じて現代の大規模養豚、畜産の本質に迫る、前人未踏の体験ルポ。」

この人の本は初めてなんだけど、
読みだすと止まらなくなるタイプの文章。 そのうち読み直してみなくては、ってぐらいのスピードで読んでしまった。
写真は最後の方に著者近影っぽいものが一枚。あとはイラスト。でもほとんど文章。

たまに酪農とか競走馬生産牧場、大動物獣医さんのブログをチラ見はしてるけど、養豚業について多少知ることができて、ううむと思った。日本の畜産業の将来が心配だ。
いろんな人に読んでほしい。まあ無理、って人はいいけど。

「飼い喰い――三匹の豚とわたし」目次
-----------------------------------------------------------------------------
はじめに なぜ私は自ら豚を飼い,屠畜し,食べるに至ったか
見切り発車
三種の豚
システム化された交配・人工授精
分娩の現場で
いざ廃墟の住人に
豚舎建設
お迎え前夜
そして豚がやって来た
日々是養豚
脱 走
餌の話
豚の呪い
豚と疾病
増量と逡巡と
やっぱり,おまえを,喰べよう.
屠畜場へ
何もかもがバラバラに
畜産は儲かるのか
三頭の味
震災が


自分で育てた豚を食べるって部分には精神的抵抗がないんだけどそのための現実的な肉体労働とかの困難を乗り越える著者はすごいなーって思った。
家畜も幸せな環境で暮らすと、肉付きとか乳の出とかもろもろよくなるそうです。

---ていうか、私はそういうことに抵抗を覚える気分がわからない。頭が虫的になりすぎてるのかな。
まあ自分で鶏〆ろって言われたらどうなるか思うか、実際にそうなってみないとわかんないんだけど、想像してる分には、必要なら、って思う。(体力的に鶏がとりあえず現実的なので鶏にしてみました。)

肉喰いたいってのは栄養的に効率がいいから雑食動物であるヒトとして、旧皮質に由来する発想で、
それに抵抗感を覚えるのは宗教的とか社会的とかの「後付け」のことではないのかと考えるのです。

まあ、「めんどくさい/いやな ことは自分でやりたくない」ので、「どっかできれいに出来上がった肉だけ食べたい」ってのは普通だと思うけど、たしなみとして「肉がどこからくるのか」を知っておいた方がいいのではないかと思うので、教育現場でそういう体験をすることは「いいこと」だと思うのです。

さらにいっちゃうと、欧米とかで言われてるらしい?「動物愛護のために動物園の肉食獣に生き餌をやるべきでない」ってのは全然わかんない。
そういうシーンを一般の客が見て楽しむのがダメってのは理解できるんだけど、
肉食獣が餌を殺して食うという野生では基本的な出来事を、(客のいないときに)家畜の生餌を飼育下の肉食獣に与えるのはダメっていうのは理解できない。
それが食われる個体の幸福を損ねるので、肉食獣のエンリッチメントとしてやるのがだめなんだそうですよ。喰われるのが魚でも魚にも感情があるって科学で証明されたたら全面的に禁止になりそうとかって。

---
えーっと。
国産肉を食べようと思います。
[PR]
by urasimaru | 2012-03-01 11:44 | | Comments(2)
Commented by のびぃ at 2012-03-02 00:22 x
これは読んでみたいです、イノシシや鹿を駆除して〆てる知り合いの話とは
また違うとても興味深い内容ですね。
Commented by urasimaru at 2012-03-02 13:38
面白かったですよー。^^
狩りと言えば、内澤さん、こんなトークショーをするそうです。
狩り喰いvs 飼い喰い
http://kemonomici.exblog.jp/17486341/
こちらのブログに行くと本では見られない、三匹の豚ちゃんたちの写真が見られます。
<< アヌーラさん ゴールデンターキン >>