ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

平成中村座 三月大歌舞伎昼の部

鎌倉権五郎に睨み殺されて、気が付いたら東京スカイツリーまで歩いていた。
e0043465_17302836.jpg

中村座は魔法の劇場だなあ。
暫、このサイズの小屋で見ることができて一生の幸せ。暫3D。いや、昔の雰囲気とか感じて4Dか。
もうこんなに楽しめる機会はないんじゃないかと心配にすらなった。
もともと大好きな演目なんだけど、今後大劇場とかでやるとき、三階席とかとりたくなくなっちゃう…困った副作用だ。これを見る前から出てた副作用なんだけど…><
海老蔵は、日生の弁慶が私的にちょっと…って思って、すごく心配だったんだけど、よかった。
荒事モビルスーツみたい。かん高くて平板な発声も、私には子役の感じ→子供の心で演じる、って感じに思えて、「坊にくだせえ」なんかものすごく面白かった。
もちろん、主役をそんなに楽しめたのはほかの人たち全員が良かったからだと思う。いろんな人のいろんなところを眺めて楽しみました。武衡の傘持つ人って大変だよなあ、なんて普段あまり目に入らないもんね。

私の頭って古い水洗トイレみたいなものらしく、ここでヒートアップしすぎて次の演目がぼわーっとしてしまった。
仁左様若い!
鳴瀬がかわいそうな忠義の女、って思ったのは初めて。小山三さんだから目が行く、ってのもあるけど、自害の前とか後ろ向きだけどすごく芝居してるのね。
勘九郎はすこし顔が細くなったかな?若いなあ、って思った。(別に悪い意味とかじゃなくて)

さくらの舞踊もぼけーっとしてて、早替わりにびっくり!普段ああいう場面だと予測しちゃうんだけど。
松虫あたりで意識が戻ってきて、(寝てはいないんだけどね)千之助いいなあ、あと、こういうほのぼのとした雰囲気っていうのは親子では醸し出せないんだろうなあ、って思った。
雪達磨はブロマイド見たときはスゴイぶっ飛んだ格好って思ったけど、実際に見ると違和感なく、私としては珍しく歌詞が聞き取れて、日本舞踊って面白いなあって思った。思ったよりずっと上品なイメージ。
最後外が見えたときはスカイツリーは見えなかったけどすごく感動した。
楽日だったので手拍子が鳴りやまなかったけど、夜があるから案の定カーテンコールとかはなし。それでいいと思った。
小屋のラストの夜とかだったらやるだろうけど。




一、歌舞伎十八番の内 暫(しばらく)

               鎌倉権五郎       海老蔵
             那須九郎妹照葉       七之助
              鹿島入道震斎       猿 弥
                 桂の前       吉 弥
                成田五郎       男女蔵
                加茂次郎       進之介
                清原武衡       我 當


二、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)

  檜垣
  奥殿

              一條大蔵長成  勘太郎改め勘九郎
                常盤御前       扇 雀
               八剣勘解由       亀 蔵
    鳴瀬       小山三
             鬼次郎女房お京       七之助
               吉岡鬼次郎       仁左衛門


三、舞鶴雪月花(ぶかくせつげっか)

  <上の巻> さくら
                 桜の精       七之助

  <中の巻> 松 虫
                  松虫       仁左衛門
                   同       千之助

  <下の巻> 雪達磨
                 雪達磨       勘三郎
[PR]
by urasimaru | 2012-03-27 21:58 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 卒業してましたか。 桜 >>