ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

仮名手本忠臣蔵 昼 行ってきた

四月花形歌舞伎
通し狂言 仮名手本忠臣蔵

よくできた芝居だよね。やっぱ面白かった。
主だった役の人も、あんまり目立たない役のひとも、こうやって歌舞伎を継承していくんだなあ、と思いました。そしてどうなっていくのか、長生きしたいね。

ロビーでイノシシ見たかったなあ(チケットとってから、四月十七日が四十七士の日ってことになって…てぬぐいぶろ…さんのイノシシ動画リンクしました)。触れるんだ!いいなあ。



昼の部


大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場


三段目 足利館門前進物の場

    同 松の間刃傷の場


四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場

    同 表門城明渡しの場


浄瑠璃 道行旅路の花聟


【大序・三段目】
             高師直  松 緑
          桃井若狭之助  獅 童
            顔世御前  松 也
            足利直義  亀 寿
            塩冶判官  菊之助

【四段目】
            塩冶判官  菊之助
          石堂右馬之丞  亀三郎
        薬師寺次郎左衛門  亀 鶴
            顔世御前  松 也
            大星力弥  右 近
           原郷右衛門  薪 車
            斧九太夫  錦 吾
          大星由良之助  染五郎

【道行】
           腰元おかる  福 助
            鷺坂伴内  猿 弥
            早野勘平  亀治郎
[PR]
by urasimaru | 2012-04-16 19:30 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 平成中村座 四月大歌舞伎 第2部 咲きました。 >>