ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

演舞場十月夜の部

五郎蔵で寝た。orz
気が付いたら五郎蔵がキレてた。
切腹して終わり~?
なんか今までも得意な演目ではなかったんだけど、ううーん。


その後何も食べなかったので勧進帳では寝なかった。苦笑

團十郎さんはおとといよりは具合よさげだった。ま、富樫の方が動かないし。
無事終わってよかったよかった。



七世 松本幸四郎 追遠 芸術祭十月大歌舞伎
夜の部 


一、曽我綉侠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)

  御所五郎蔵

  五條坂仲之町
  甲屋奥座敷
  廓内夜更
  五郎蔵内腹切

                  御所五郎蔵  梅 玉
                 星影土右衛門  松 緑
                     逢州  高麗蔵
                   梶原平平  亀 寿
                   新貝荒蔵  廣太郎
                   秩父重介  米 吉
                  二宮太郎次  廣 松
                     皐月  芝 雀
                  甲屋与五郎  幸四郎

御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)
男伊達の意気地と女の情がすれ違う、その結末は...
 浅間家の忠臣だった御所五郎蔵は、星影土右衛門に腰元皐月との不義を密告され、今は侠客の身。その土右衛門と鉢合わせして一触即発となりますが、これを甲屋与五郎が収めます。旧主のため金策に奔走する五郎蔵を思い、皐月は土右衛門の意に従って、五郎蔵に愛想づかしをします。皐月の真意を知らない五郎蔵は逆上し...。
 河竹黙阿弥ならではの名台詞と江戸の風情溢れる絢爛の舞台。当月は久々に「五郎蔵内腹切」まで上演し、真相を知った五郎蔵のその後をご覧いただきます。


二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)

                  武蔵坊弁慶  幸四郎
                  富樫左衛門  團十郎
                   亀井六郎  友右衛門
                   片岡八郎  翫 雀
                   駿河次郎  高麗蔵
                  常陸坊海尊  錦 吾
                  太刀持音若  金太郎
                    源義経  藤十郎



※『曽我綉侠御所染』侠の字は正しくは「人」偏に「夾」です。
[PR]
by urasimaru | 2012-10-25 21:59 | 歌舞伎 みた | Comments(2)
Commented by SwingingFujisan at 2012-10-26 09:47 x
おはようございます。
昨日夜の部、私も行ってました。團十郎さん、何日か前からのどの調子が悪かったのですねえ。そっちに気を取られてはじめのうちは集中できませんでした。
御所五郎蔵はそれなりに面白かったけれど、色々納得できないし後味もよくないしで、私も苦手。「極付幡随長兵衛」も黙阿弥でしたっけね。
Commented by urasimaru at 2012-10-26 11:17
コメントありがとうございます。昨日ブログを拝見したら感想がまだだったので、一緒にご覧になってらしたのかなーと思っていました。^^
御所五郎蔵、一度ラストを見せてもらったのでいつもの上演形態に納得、というとこですね。中村座の時はワクワクしましたし。一度前半の時鳥殺しも見てみたいです。
最近常連演目の整理を考えてるのかな?みたいな気配があるようなないような。でも今月の演目はなんともクロウト向き~☆(*_*)
あ、予定では…あーそっか。って感…

来年の浅草、私にとっては微妙な感じです。
<< 昨日の今日 フランケルの引退レースの表彰式... >>