ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

明治座 十一月花形歌舞伎 夜の部

『通し狂言 天竺徳兵衛新噺』
母を歌舞伎に連れて行ってみるシリーズ。
わかりやすくてよかったみたいです。
花道を横から見られる席にだったのですが、舟に乗った門之助さんが通った時に、
「ほんとの鼻?」って 爆
鷲鼻系だけどさ…。

馬が出たときに「ほんとの馬?」って言ったのはイヤホンガイドでそう言ったからだそうです。

それはともかく、
ああ楽しかった…
猿之助さん、役者ぶりが大きくなったなあ。
楼門がああやって出てくるのもなんか、いい感じの流れって感じ。
大詰めの鳴神は萬次郎さんのたくまざるユーモアっていうかなんていうか、たまりませんでした。

あと、明治座って歌舞伎座っぽくてびっくりした。(比 演舞場)



船頭の徳兵衛(猿之助)は、先頃、嵐で異国の天竺へ流されて日本に戻ってきたことから天竺徳兵衛と呼ばれている。博多沖の船の中で、徳兵衛は朝鮮国王の臣下で、日本転覆を謀った木曽官の霊(猿弥)に会い、自らが木曽官の子息であることを知る。出自を知った徳兵衛は、父から蝦蟇(がま)の妖術を授かり、父の大望を継承して日本転覆を志す。その後、筑前国今川館に忍び入った徳兵衛は、日本の名刀・浪切丸を盗むが、浪頭の名鏡は、今川の奥方葛城(萬次郎)が所持し、枝折姫(笑也)と共に落ち延びていく。その後を追う徳兵衛は・・・
 実在の人物「天竺徳兵衛」の伝説は、江戸時代では数多く歌舞伎化されてきました。中でも徳兵衛が妖術を使う異国の謀反人として設定されることで、奇想天外な物語が生み出されてきました。本作は、鶴屋南北の『天竺徳兵衛韓噺』を中心にしながら、同じく南北の『彩入御伽草』の小幡小平次の怪談話を綯い交ぜにして、三代目猿之助によって昭和五十七(一八八二)年に歌舞伎座で初演された猿之助四十八撰の内のひとつです。大蝦蟇に乗った徳兵衛の屋台崩しをはじめ、殺しの場での小平次とおとわの早替り、幽霊・小平次の仕掛け、徳兵衛の葛籠抜けや宙乗りなど、歌舞伎のケレン味を存分に用いて、誰もが楽しめる作品です。新猿之助による壮大なスペクタクルに富んだ通し狂言をお楽しみ下さい。
[PR]
by urasimaru | 2012-11-14 21:59 | 歌舞伎 みた | Comments(2)
Commented by torahanareo at 2012-11-15 21:35
毎月歌舞伎観てますね~
私は来週ミュージカルです!
Commented by urasimaru at 2012-11-16 20:12
ガンガン観てます。苦笑
ミュージカルの感想、楽しみです♪
<< 新橋演舞場 吉例顔見世大歌舞... 通し狂言浮世柄比翼稲妻 >>