ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

六月歌舞伎一部 爆睡ごめんなさい

其俤対編笠
一、鞘當(さやあて)
  
不破伴左衛門橋之助
名古屋山三    勘九郎
茶屋女房お駒魁 春
 
遅刻して最後の五分ぐらい立ち見した。鶴松くんがみられなかったorz

六歌仙容彩
二、喜撰(きせん)
  
喜撰法師三津五郎
所化秀 調 /亀三郎/亀 寿/松 也/梅 枝/歌 昇/萬太郎/巳之助
/壱太郎/新 悟/尾上右近/廣太郎/種之助/米 吉/廣 松/児太郎/鷹之資
祇園のお梶時 蔵

出だしは起きてたけど所化の皆さんがでてきてから陥落した。鷹之資が他の人と同じぐらいの背丈になったなあぐらいしか覚えてない。時蔵さんがすらりときれいだった。玉様より似合ってるかも、なんて思ったけど説得力ないね。

その後の休憩30分寝続けて、俊寛の直前にQPコーワを飲んだ。

平家女護島
三、俊寛(しゅんかん)
  
俊寛僧都吉右衛門
丹波少将成経梅 玉
海女千鳥芝 雀
平判官康頼歌 六
瀬尾太郎兼康左團次
丹左衛門尉基康仁左衛門

でも最後瀬尾が死ぬところの前ぐらい記憶が…
最後吉右衛門は特に違う表情に変わるというわけではないけど、眼がらんらんと輝いてくる、って感じだった。
波布がきれいだった…

えー、終わってこれではあんまりだと思ったのと、休憩中寝ててご飯が食べられなかったの
で歌舞伎座ギャラリーに行くことにして、5階へ。茶そばを食べてギャラリーへ。歌舞伎座のチケットで100円引き。
春ということで道成寺の衣装など。
一番ツボだったのは衣装がずらっと並んでる舞台が先代歌舞伎座のひのき舞台(表面を削ったそうです)だったこと。それを聞いて突進して匂いを嗅いだらひのきっぽい気がした。係りの人、ちょっと焦ってたけど。別に舐めませんから。あと、雨とか蛙の効果音は楽しかった。
[PR]
by urasimaru | 2013-06-12 18:28 | 歌舞伎 みた | Comments(3)
Commented by urasimaru at 2013-06-12 21:06
「揚巻ソフト」、他の人が食べてるのを見たら、ソフトクリームに小さい歌舞伎揚げが刺してあるって感じのものだった。
Commented by 花餅屋の太夫元 at 2013-06-18 01:08 x
お江戸は、羨ましい限りです…。
でも、言っちゃぁ何ですけれども…眠気を誘う狂言立てですね(汗)
Commented by urasimaru at 2013-06-18 13:50
いやほんといつもながらごめんなさい(涙)。
先月の南座はうらやましかったです(笑)
<< 杮葺落六月大歌舞伎 第二部 寝... 2013 Sir Henry ... >>