ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

七月花形歌舞伎 昼の部 沈没

寝坊して、らぶりんが松緑さんをだましているあたりで入場。うわあ、とっても花形。
風邪気味で薬を飲んだせいか、切腹の場の後半から沈没。ごめんなさい。
玉太郎、すごいな。
e0043465_20423365.jpg

岩藤がよみがえって空を飛ぶふわふわ、なんとなく三階には来ない気はしてたんですが、やっぱり舞台の上を下手から上手へ移動でした。それはそれでいいんですが、三階から見ると顔が傘の陰で暗くなってしまうのが残念でした。でも、下からライト当てたらこわくなっちゃうしなあ。
大詰で起きたら、すごい勢いで話が回収されてあれれ?みたいな。まあ、歌舞伎的ではあるかな。

寝に行ったようなことになってしまったのでえらそーなことは言えませんが、だんまりって難しいんだなあとか、立ち回りもちょっと期待したんだけど、とか、題名=主演だと思う松緑さんが大詰の場にいないのが微妙に気になりました。

で、終わって外に出たら雨が降ってたので、上野動物園に行きました。(涼しくなるかと。)
停電とか起こってるの知らずに帰宅。

通し狂言 加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)
  骨寄せの岩藤

  発 端 多賀家下館奥庭浅妻舟の場
  序 幕 浅野川々端多賀家下館塀外の場
      浅野川々端の場
      浅野川堤の場
  二幕目 八丁畷三昧の場
      花の山の場
  三幕目 多賀家奥殿草履打の場
  四幕目 鳥井又助内切腹の場
  大 詰 多賀家下館奥庭の場
  
岩藤の霊/鳥井又助松 緑
二代目尾上/お柳の方菊之助
望月弾正愛之助
蟹江主税亀 寿
又助妹おつゆ梅 枝
花園姫右 近
奥女中関屋廣 松
又助弟志賀市玉太郎
松浪主計廣太郎
梅の方壱太郎
花房求女松 也
若党勝平松 江
蟹江一角権十郎
多賀大領/安田帯刀染五郎
[PR]
by urasimaru | 2013-07-23 20:55 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< ロープにとまって餌を獲るコサギ カリフォルニアアシカの母子たち >>