ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

大当たり!と声をかけたくなった 七月花形歌舞伎 夜の部

私の脳みそが昼の部の調子の悪さを取り返したぐらい集中して見られたので、とても楽しめた。
最近こんなにお芝居に入れた感じは久々かも?って思った。
でも、私だけのことじゃなくて、こんなに静かな観客は久しぶりだったし、変なことが起きないのも久しぶりだった。
三階前めで、周りの客層は片方が初めて歌舞伎見る人、みたいなパターンが多い感じだったけど、浪宅の場で変な笑いがでない(意図的に笑わせる部分てあるじゃない?それ以外)のって初めてじゃないかって思う迫力だった。
もちろん完璧ではなくて、手順たいへんだよなーって思ったりすることもあったんだけど、それを上回ってなんてよくできた芝居なんだろうって思った。役者さんたちも、なんていうか、染五郎さんが一番そう感じたんだけど、割り切ってその場その場を精一杯演じてて、それが矛盾とか時代の違いとかにひっかからない勢いをだしてるんじゃないかって気がした。
菊ちゃんきれい!
なので、蛍狩の場があってよかったと思った。あと、与茂七の存在の説得力を初めて感じたっていうか、忠臣蔵とのつなぎの人物で、かつ三役早替わりの一つなんだけど、今まで最後に彼が出てきて丸く収まるってのが腑に落ちないっていうか、なんかよくわかんねーって感じだったんだけど、それがなかった。
菊ちゃんがきれいだからかもw 男の茶屋をやったら女で繁盛するっておいろさんのせりふに、うんうんって思ったら、隣の人が大きくうなずいてた。

蛇山庵室の前に、舞台へ上がる黒い階段を劇場係の男性二人が運んできたんだけど、とても軽そうで、しかも二段ってのが印象的だった。でも、かけ上がってきたのが山左衛門さんだったのがちょっとびっくり。あ、でもそんな年寄扱いしたらいけないですね。;p
そうそう、小山三さんが想像をはるかに超えてしごく闊達に動いていたのも舌を巻いた。

通し狂言 東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)
 
  序 幕 浅草観音額堂の場
      宅悦地獄宿の場
      浅草暗道地蔵の場
      浅草観音裏田圃の場
  二幕目 雑司ヶ谷四谷町伊右衛門浪宅の場
      伊藤喜兵衛内の場
      元の伊右衛門浪宅の場
  三幕目 本所砂村隠亡堀の場
  大 詰 滝野川蛍狩の場
      本所蛇山庵室の場
  
お岩/佐藤与茂七/小仏小平菊之助
直助権兵衛松 緑
奥田庄三郎亀三郎
お袖梅 枝
お梅右 近
四谷左門錦 吾
按摩宅悦市 蔵
後家お弓萬次郎
伊藤喜兵衛團 蔵
民谷伊右衛門染五郎
[PR]
by urasimaru | 2013-07-26 23:58 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< オオアリクイの寝姿 ゼニガタアザラシの避暑地? >>