ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

キリンは体温調節のための汗はかかないの?

e0043465_21302891.jpg

ふとキリンって暑くないのかな、と思ったので、先日動物園に行ったときに飼育員さんに聞いてみましたが、汗をダラダラ流しているところとか見たことないし、水もあまり飲まないとのことでした。水を飲むには足を開いて頭を下げなければならないので、キリンにとって身の危険につながる行為なのでなるほどと思いました。
もともとアフリカとかは暑いから暑さには強いのかなあ、と思いつつ
調べてみたらこんなページが。(日本語だとキリンビバレッジばっかりヒットしてしまうので)
ここには、キリンは
水はほとんど食物の葉などから摂取するのであまり水をのまない、体温調節のために(犬のように)あえいだり汗をかいたりしない。分厚い皮膚と、身体の大きさと形で体温調節するとかいてあります。
足と首が非常に長いので、表面積が大きくなって熱がこもらないかもしれないですね。
そういえばゾウの耳は体温調整のために大きいと聞いたことがあります。

あと、英語のウィキペディアを日本語翻訳させて読むと、キリンの皮膚に大汗腺や複雑な血流システムがあるとか書いてある部分がありますので、汗をかくシステムはあるのかも(ウィキペディアなので信憑性がわかんないですが)
さらに「寄生虫の忌避剤は、動物の特徴的な香りを与えるように、化学的な防御としての役割を果たすことができる。少なくとも11の主要な芳香が化学物質は、毛皮であるインドールおよび3 -メチルインドールが臭いのほとんどを担当しています」なんて続けて書いてあります。
これらの物質はごく薄いと花の香りだけど、濃いと糞尿の香りだそうです。
うんうん、匂いの成分ってそんな感じだよねえ。


英国チャンネル4の人気科学番組「Inside Nature's Giants」というのは、「クジラ、象、トラ、アナコンダ」などを全部丸ごと解剖して、生物学的見地でその内部を観察するドキュメンタリー番組だそうです。毎週見たいなあ。

ニコ動でキリン編を見た。 キリンの肌の茶色いところには放熱のための毛細血管があって、キリンをサーモカメラで見ると茶色いところの温度が高くなってる。すげー。
[PR]
by urasimaru | 2013-08-19 21:57 | 多摩動物園 | Comments(0)
<< まだ見られますよ 八月納涼歌舞... ABKAIの内容をほぼ記憶だけ... >>