ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

公文協 西コース@川口

7月に中央コースを見て、また連獅子がみたいと思ってとりました。約3か月お疲れ様でした。巡業千穐楽とのことで、まさに一丸となったかんじ。

沼津
米吉の茶屋娘がきゃわいい!「おくる」という役名なんですが、くるくるとよく働きます。
妊婦の京妙さんはじめ、旅の人々がお客さんを芝居の世界に引き込んでいました。キッチーも歌六さんもわりとくだけてわかりやすい演技。荷持安兵衛の吉之助さん♪
アットホームな感じの会場での座席周りはほんとに盛り上がりますね!二階前方だったので大体見えました。

こないだ文楽をみたので歌舞伎だとこうなんだ、とすごく面白い…とおもったんですが暗くなったらやっぱり寝てしまい、千本松原になっても、どうしてもどうしても意識が取り戻せませんでした。TーT ごめんなさいごめんなさい

口上
右から芝雀、米吉、隼人、錦之介、きっちー、新又五郎(といってももう2年もたってますが)、新歌昇、種之助、歌六 
きっちーのはじめの挨拶のあと、「錦ちゃん!」と言って各自の挨拶になりましたw
まとめのずずずいーぃも万感を込めた感じ。

連獅子
なんか、7月と振付かわったかも?と思いましたが、私のことなんでよくわかりません。
親子愛をより感じる雰囲気だと思いました。歌昇さんのジャンプに客席大喜び。力強さがましたと思いました。
宗論もしっかり自分のものになったって感じ。
あ、中央コースから西コースになって、蓮念が米吉から隼人に変わったんですね。ま、巡業の最初と終わりだし。
毛振りは最後だから親子の意地比べだ!って感じでたくさん、歌昇さんの方がフォームが安定していない分最後辛そうだったかも。
いつか種之助くんも入れて「三人連獅子」も見てみたいなあ………





平成25年度
(公社)全国公立文化施設協会主催
西コース
松竹大歌舞伎
中村歌昇改め 三代目 中村又五郎襲名披露
中村種太郎改め 四代目 中村歌昇襲名披露
平成25年8月31日(土)~9月25日(水)

伊賀越道中双六
一、沼津(ぬまづ)
            
  
呉服屋十兵衛     中村吉右衛門
お米     中村芝 雀
茶屋娘おくる     中村米 吉
荷持安兵衛     中村吉之助
池添孫八     中村錦之助
雲助平作     中村歌 六

二、三代目中村又五郎
  四代目中村歌 昇 襲名披露 口上(こうじょう)
  
 歌昇改め中村又五郎
種太郎改め中村歌 昇
     中村吉右衛門
幹部俳優出演
     
三、連獅子(れんじし)
  
狂言師右近/後に親獅子の精 歌昇改め中村又五郎
狂言師左近/後に仔獅子の精種太郎改め中村歌 昇
僧遍念     中村種之助
僧蓮念     中村隼 人

一、沼津(ぬまづ)

 沼津に近い街道では、鎌倉の呉服屋十兵衛と、その荷を担ぐ雲助の平作が連れだって歩いています。しかし、年老いて足腰の弱い平作は、転んで怪我をしてしまいます。十兵衛が印籠から薬を出して手当をするところ、平作の娘のお米が通りかかります。お米の美しさに見惚れた十兵衛は、平作の家に泊まり、お米を女房にしたいと申し出ますが、お米は夫のある身でした。

 夜中、お米は十兵衛の枕元から印籠を盗もうとします。これには事情があるはずと、お米から訳を聞いた十兵衛は、平作が実の父で、お米が妹だと知りますが…

 生き別れた親子の悲しい対面が胸を打つ義太夫狂言の名作。情感あふれる舞台をご覧ください。



二、三代目中村又五郎
  四代目中村歌 昇 襲名披露 口上(こうじょう)

 平成23年に三代目中村歌昇が三代目中村又五郎の名を、四代目中村種太郎が四代目中村歌昇の名を襲名いたしました。播磨屋一門にとって大切な名跡を継承することになった又五郎と歌昇親子が、襲名披露の御挨拶をいたします。



三、連獅子(れんじし)

 文殊菩薩の浄土と言われる唐の清涼山に架かる石橋にやって来たのは、狂言師の右近と左近の親子。手獅子を携えたふたりは、親獅子が仔獅子を千尋の谷に突き落とし、這い上がってきた子だけを育てるという故事を踊ります。

 その後、ふたりの旅僧が現れますが、互いの宗派が違うことがわかると宗論を始めます。やがて、親子の獅子の精が現れ、獅子の狂いを勇壮に舞い納めます。この獅子の毛振りが見どころの長唄舞踊です。
[PR]
by urasimaru | 2013-09-25 21:21 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 水牛ハルナ むしろ「ぴんとこな」を歌舞伎化する。 >>