ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

十月歌舞伎座千穐楽夜の部

e0043465_142661.jpg

通し狂言 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

四幕目 木の実
    小金吾討死
五幕目 すし屋
大 詰 川連法眼館
  
アクシデントで右肩の状態がさらに悪いんじゃないかと思われる仁左衛門、前より右手を使わない度が上がってたけど、左利きの人なんだな、って感じ。
おんぶしないんじゃないかって思ってたけど、してた。
すし屋の最後は渾身の熱演って感じ…
今まで気が付いてなかったのか、今回がすごかったのか、維盛卿が話に共感していた!

大詰は菊五郎の本物忠信がめちゃかっこよく、狐忠信がほんとにかわゆかった。
いいもの見せていただきました。

念のため開演前に千穐楽の幕を撮って、終演後ちょっとゆっくり出てきたら台風対策のためか幕がことごとくなくて、それはそれで珍しいかも、と思って撮影。新装したからいつでも撮れると思ってたけど、なにもかも一期一会かもしれない。
e0043465_1421667.jpg
e0043465_1421153.jpg

[PR]
by urasimaru | 2013-10-26 14:04 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 巡業@日本青年館 歌舞伎座昼 寝た orzorzorz >>