ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

国立劇場12月歌舞伎 「主税と右衛門七」「弥作の鎌腹」「忠臣蔵形容画合」

お得感というか、充実感というか、よかったです。吉右衛門頑張ってるなあ。

主税と右衛門七(ちからとえもしち)  ―討入前夜―

右衛門七  歌昇
主税  隼人
お美津 米吉
乳母 お粂 京蔵
大石内蔵助 歌六

大石主税が居候?している呉服屋の娘お美津は主税の家臣筋で今は両替商の丁稚をしている右衛門七が好きで、婿に望んでいる。右衛門七も個人的にはまんざらではないんだけど、討ち入りに加わるために両親が亡くなっていて…という切ない話。若手が可愛く熱演、何もかも飲み込んで哀しみを背負う大石と世慣れた乳母お粂の大人チームがたしかな味。


秀山十種の内 弥作の鎌腹(やさくのかまばら)
正直者の百姓弥作は義士先崎弥五郎の兄。仇討の計画を知らずに庄屋から勧められた弥五郎の養子の話を承諾したために、結納で儲けようとする庄屋と秘密を守ろうとする弟の板挟みになり、庄屋を打ち殺して切腹するというストーリー。鉄砲で人を撃つところが勘平の裏返しみたいになってて、前半のほのぼのとしたところからの落差がおかやを思い出させる。ほのぼのといい人であるぶん悲しくなってしまった。ほんとに吉右衛門が愛らしい!



河竹黙阿弥没後百二十年
河竹黙阿弥=作

忠臣蔵形容画合(ちゅうしんぐらすがたのえあわせ)
        
   大  序  鶴ヶ岡八幡宮社頭の場   
   二段目  桃井若狭之助館の場
   三段目  足利館門外の場
   四段目  扇ヶ谷塩冶判官館の場   
   五段目  山崎街道の場
   六段目  与市兵衛内の場
   七段目  祇園一力茶屋の場   

三段目四段目寝てしまった。鷹之資もう15歳だって!
与市兵衛と定九郎の二役早替わりの五段目が面白かった。 与市兵衛の顔が白かったけどwww歌六さんの定九郎素敵♪
六段目は寡婦になったおかやが猟師連中に音頭を教えるという!な設定。最後勘平のうつしみたいなポーズがしゃれてる。東蔵さん♪
七段目はお軽と平右衛門が人形振りだし!
いろいろ面白かったですよ。

なんとか寝ないでみられればいいんですけどね。歌舞伎座はどうかなあ。
[PR]
by urasimaru | 2013-12-17 20:25 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 十二月歌舞伎座昼の部 菅原伝授手習鑑 寺子屋(文楽へ... >>