ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

十二月歌舞伎座 夜の部

お友達を誘って一階でみました。やっぱり近いといいですね…
印象的だったのは、斧定九郎と小林平八郎、死んで舞台が回っておわる二役だった獅童さん。お母さんを亡くしたばかりの彼に、長く暖かな拍手がおくられていました…暖かかったです。

染五郎の勘平は、いい席だったのも多分にあるかと思うんだけど、いかにもそんな羽目になってしまいそうな甘い雰囲気がして、今までで一番突っ込みをいれたくならずに素直に見られた気が。
おかやの上村吉弥さんが(老け役もったいないようですが)いい芝居してたのもあると思います。(先月寝ちゃったんだよね、東蔵さんごめん)
亀蔵さんと萬次郎が、別世界の人間の匂いを表してさすが。
七之助もしっとりして、よかったです。


通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
 五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
     同   二つ玉の場
 六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
  

早野勘平染五郎
斧定九郎獅 童
女房おかる七之助
母おかや吉 弥
判人源六亀 蔵
千崎弥五郎高麗蔵
一文字屋お才萬次郎
不破数右衛門彌十郎

 七段目 祇園一力茶屋の場
  
大星由良之助幸四郎
寺岡平右衛門海老蔵
竹森喜多八松 也
富森助右衛門廣太郎
大星力弥児太郎
斧九太夫錦 吾
赤垣源蔵亀三郎
遊女おかる玉三郎
十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場
  
大星由良之助幸四郎
原郷右衛門友右衛門
奥田定右衛門宗之助
矢間重太郎竹 松
富森助右衛門廣太郎
竹森喜多八松 也
小林平八郎獅 童
七段目。海老ちゃんの妹とあって、玉様大サービス!甘いwww可愛い♪美しい!仁左様相手とかの安心したかんじより大変なんだろうと思うけど、見てて幸せでした。
道行のカップルよりしどころがあるからか、海老ちゃんもいいせんいってたとおもいます。もっとも、あの声でしばらく~って聞こえると、全員首打っちゃいそうだけど。

楽しく観劇しました。
[PR]
by urasimaru | 2013-12-22 18:53 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< ゆきだるま 十二月歌舞伎座昼の部 >>