ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新春浅草歌舞伎 第2部

お年玉ご挨拶はラブリン。足袋裸足で舞台から飛び降りたり飛び乗ったりと、さすがの身体能力でした。


一、博奕十王(ばくちじゅうおう)
  
亀治郎の会でみたときより、まわりが絡む感じに変わってた?
花札の模様の衣装は猿翁さんから譲り受けたとか。
さすがの踊りで楽しかった~。

恋飛脚大和往来
二、新口村(にのくちむら)
後半うとうとした。^^;
忠三郎女房が上村吉弥さんってごちそう…梅川でもいけるのに。
愛之助と 壱太郎は年の差カップルって感じがした。
嵐橘三郎さんが哀れさを感じで、弥作の鎌腹のときよりずっといいと思った。


三、上 屋敷娘(やしきむすめ)
  下 石橋(しゃっきょう)

 浅草だなあ~って感じの若々しい踊りで楽しかった。



一、博奕十王(ばくちじゅうおう)
  
博奕打市川 猿之助
獄卒市川 弘太郎
同市川 猿四郎
閻魔大王市川 男女蔵

恋飛脚大和往来
二、新口村(にのくちむら)
  
亀屋忠兵衛片岡 愛之助
傾城梅川中村 壱太郎
孫右衛門嵐  橘三郎
忠三郎女房上村 吉 弥

三、上 屋敷娘(やしきむすめ)
  下 石橋(しゃっきょう)

  
〈屋敷娘〉    
お春中村 壱太郎
お蝶中村 米 吉
お梅中村 梅 丸
〈石橋〉    
獅子の精中村 歌 昇
獅子の精中村 種之助
獅子の精中村 隼 人
[PR]
by urasimaru | 2014-01-14 21:05 | 歌舞伎 みた | Comments(4)
Commented by 花餅屋の太夫元 at 2014-01-15 02:07 x
上方歌舞伎をお正月に上方で観れないのは…何だか、寂しいです。
とうとう…松竹に捨てられたのかな?とか、思ったり。
橘三郎さんや吉弥さんが出す味わい深いお芝居は…イイですね♪
羨ましいです…。

こんなこんなですが、今年も宜しく…♪
Commented by からつぎ at 2014-01-15 14:29 x
私も昨日二部観劇でしたっ!
ぢつは吉弥さん目当て♪
舞台写真も買ってしまいました(でも忠三郎女房はパス)。
舞踊2題、若さが3階まで伝わってきて、明るい気持ちになれました。

明日は一部観劇~♪のからつぎでした。
Commented by urasimaru at 2014-01-15 15:12
花餅屋さん、お元気ですか?
3月の南座とか3月の南座とか観に行かないんですか?笑
あとシスティーナとか。^^
今年は明るい話題だけの歌舞伎界になりますように!
Commented by urasimaru at 2014-01-15 15:25
かつらぎさん、ご一緒だったんですね♪
いろんな役について十三代目仁左衛門さんに聞きたいことがたくさん、という愛之助さんのコメントがなるほど~でした。
吉弥さんいいですよねえ。歌六さんあたりと濃ゆーい大人の世界を観てみたいです。(趣味です)
舞踊は応援気分でテンションあがりました!あのあたり、写真の売り切れが続出してましたね。^^
<< 『仏果を得ず』 三浦しをん 『通し狂言 三千両初春駒曳(さ... >>