ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

新春浅草歌舞伎 第1部

夜更かし癖がついているのでガンバッテ浅草。でも違う出口から出てお弁当を買いに寄り道したら方向が分からなくなり、焦ったw
でも間に合った。
お年玉ご挨拶は己之助くん。
とにかくここ最近ケータイを切るようにと!最近連日なったらしい。そーいや、2部みたとき、ちょっとなってたな。

一、義賢最期
えーっと、どういうはなしだっけなあと思いながらみてたんだけど、だんだん思い出して、それで実盛物語がああなるのねえ、と思いながら…。後半になったら立ち廻りをみる楽しさで眠気もすっとんだー。
上村吉弥さんの葵御前、きれいだった~。
らぶりんの大きさ!捕手役の人が義賢と目が合うと顔を伏せるところがなんかいいなあって思った。そして、小万に水を飲ませてもらって、最期に白旗を!と頼むところの迫力!あの気持ちがその後につながる気がしました。
壱太郎くんはまだ前半は硬い感じがしたけど、後半の立ち廻りとかよかった。
梅丸くんが愛らしいw
嵐橘三郎さん♪子役背負って大活躍の素朴さが良かったです。

二、上州土産百両首
ストーリー知らない状態をキープしてみたので、どうなるのかドキドキした。
猿之助、男っぽくなったなあ。線が太くなった。女形も見たいけど、ね。
みのっち、こんなに演技を長くみるの初めて。巧いと思わせないうまさ。客席を回るときに猿之助に言われてもう挨拶はしたから、と拒否した後に突然口上口調であいさつしたので爆笑。
この二人の感じがすごくよくて、まわりでたくさん泣いている人がいた。私もちょっとたまらん気持ちになった。
男女蔵(なんかちゃりの掛け声がかかってたよw)の気が弱いんだか優しいんだかナイーヴなんだかの与一と、ひねくれてるキャラだけど、考えてみればふつうその境遇だったらそうだよねの亀鶴の三次。(つるかめつるかめってせりふでなんかウケちゃった私)
寿猿さんの人の好い亭主と、 喜昇さんたちの田舎女がはまり役だった。こんなおもしろい演目だったとは!てかんじでした。



源平布引滝
一、義賢最期(よしかたさいご)
  
木曽先生義賢 片岡 愛之助
九郎助娘小万 中村 壱太郎
待宵姫中村  梅 丸
百姓九郎助 嵐  橘三郎
葵御前上村 吉 弥
下部折平実は多田蔵人中村 亀 鶴


二、上州土産百両首(じょうしゅうみやげひゃくりょうくび)
  
正太郎 市川 猿之助
牙次郎 坂東 巳之助
勘次女房おせき 上村 吉 弥
宇兵衛娘おそで 中村 梅 丸
亭主宇兵衛 市川 寿 猿
みぐるみ三次 中村 亀 鶴
金的の与一 市川 男女蔵
隼の勘次 市川 門之助
[PR]
by urasimaru | 2014-01-23 21:26 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 変わっていく多摩動物園 『小さいおうち』中島京子 >>