ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

スーパー歌舞伎II 空ヲ刻ム者

なるべく情報を入れずに見に行った。
観念的でたるいという噂もちょっと耳にした一幕目は、思ったよりもサクサク進んだ。
二幕目でいろいろあってどうするんだ?って感じで、
三幕目は力技で終わらせたなーって感じました(私がひねてるせいかもね)
内容を知らないし、現代語だし、わかりやすかったです。
大道具が好きなタイプだったなあ。
歌舞伎俳優さんでないキャストさんは、あまり気にならなかった。

仏を歌舞伎に入れ替えると猿之助の就任演説みたいな感じがした。
やっぱり目が離せないね。
でも澤瀉屋は個人的には巡業の方が楽しみ♪

スーパー歌舞伎II(セカンド)
空ヲ刻ム者
―若き仏師の物語―
  
十和市川 猿之助
長邦市川 門之助
双葉市川 笑 也
菖蒲市川 笑三郎
興隆市川 寿 猿
喜市市川 弘太郎
時子市川 春 猿
吾平市川 猿 弥
九龍市川 右 近
  
伊吹福士 誠 治
鳴子浅野 和 之
一馬佐々木蔵之介

ある山間の村に、十和(とわ 市川猿之助)という才能に恵まれた若い仏師がいた。しかし彼は、村人たちの暮らしも病床の母親も救うことのできない仏教に苛立ちを募らせていた。

 十和の幼なじみの一馬(かずま 佐々木蔵之介)も不作に苦しむ村人たちを憂い、彼らの暮らしをよくするため、都に出て官吏の道を選ぶ。一方、母の死と都から来た役人との争いから十和も村を出なければならなくなる。その後、牢に入れられ、盗賊と交わりながら成長する十和。かたや都に出たものの下級役人として無力感を募らせる一馬。それぞれの思いを胸に別々の道を歩んだ十和と一馬。一度は分かれた二人の道は、やがてまた交わる日を迎えるのだが…。
[PR]
by urasimaru | 2014-03-28 21:45 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 東京競馬場の桜 鳳凰祭三月大歌舞伎 歌舞伎座松... >>