ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

鳳凰祭四月大歌舞伎 昼の部

千穐楽をとった気になってたけど楽は明日だったf^^;
ま、気分はそんな感じで。初日は三津五郎さん以外ほとんど寝てたので、新鮮w


歌舞伎座新開場一周年記念
一、壽春鳳凰祭(いわうはるこびきのにぎわい)
  
女御時 蔵
女御扇 雀
大臣橋之助
大臣錦之助
女御梅 枝
同新 悟
大臣萬太郎
同隼 人
従者進之介
帝我 當

綺麗だー優雅だー。みんな素顔はあんななのに!とかわけわかんない感心の仕方をしてしまった。


二、鎌倉三代記(かまくらさんだいき)
絹川村閑居の場
  
佐々木高綱幸四郎
時姫魁 春
母長門歌 江
おくる歌女之丞
富田六郎桂 三
三浦之助義村梅 玉

やっぱり寝たんだけど、今回は幸四郎さんは三種類の衣装が見られた。そんな感じ…。

三、壽靱猿(ことぶきうつぼざる)
鳴滝八幡宮の場
  
猿曳寿太夫三津五郎
奴橘平巳之助
女大名三芳野又五郎

初日は目を潤ませてたようだった三津五郎さんの安定感が素晴らしい。頼りがいがあるって感じ。お猿さんが前回と違う子だったみたいで、やっぱり初日の子はスゴイのかも、と思った。

坂田藤十郎一世一代にてお初相勤め申し候
四、曽根崎心中(そねざきしんじゅう)
  
お初藤十郎
平野屋徳兵衛翫 雀
油屋九平次橋之助
天満屋惣兵衛東 蔵
平野屋久右衛門左團次

全体の練れ具合、熟成感がものすごかった。坂田藤十郎ワールドでも最後の暗いところは熟睡してしまった。たはは。まあ、一番最後の恋の手本のあたりはケータイ鳴らした人のおかげで見られましたわ。
[PR]
by urasimaru | 2014-04-25 19:35 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< ハナズゴール、オーストラリアで... ビクラム >>