ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

あじな配役 七月大歌舞伎昼の部 

文字のフォントとか大きさとかが思うようにコントロールできません。意味なく大きくなってたりします(ここを赤くしてるのはわざとです。)



奮発しました!

一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)

   

曽我五郎時致 市川右近

小林妹舞鶴 笑三郎


あー大道具の富士山の頭がみえるよ!
市川右近さんが元気そうでほっとした。
歌舞伎って奥が深いよね…下から見ると細かい所作がもっと頑張ってください♪っておもっちゃったり:p

二、通し狂言 夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)

お鯛茶屋

住吉鳥居前

三婦内

長町裏

団七内

同屋根上

団七九郎兵衛 海老蔵

三河屋義平次 中 車

一寸徳兵衛 猿 弥

琴浦 尾上右近

お梶 吉 弥

玉島磯之丞 門之助

おつぎ 右之助

堤藤内 家 橘

釣舟三婦 左團次

お辰 玉三郎


いつもやらないところがあったのでそういう話だったのか!って感じ。
注目の中車義平次は、足の黒さに重たくどす黒い雰囲気を感じて、役が大きくなった感。団七とかも世間的に分類すると小悪党なんだなあって思った。
泥場も重苦しい殺人事件って感じで、きまりきまりで拍手をするのがためらわれる雰囲気だった。でも悪いとかじゃないです。
面白い歌舞伎俳優さんが出てきた、他の人にできない作品やれそう、って感じ。
海老団七からは、前見たときよりも家族の重さとかを感じた。団七内があって、お梶と市松のその後についてかんがえたし。つっぱった若者から不幸な運命の人、って感じになった。祭りの群衆にまじる前後の足のよろよろ加減がワンパターンで、ちょっとコントみたいに見えちゃうのが残念でした。

今回は初めておつぎって役が一人のキャラクターとして認識できた。ちょっとおっちょこちょいだったり、旦那さんラブだったり、ひとのいいおばちゃんだった。
徳兵衛が猿弥さんってちょっと意外。玉様とのツーショットが見たい…でも、なんか以前見た亀鶴さんのイメージが強くて…
お辰の玉三郎はそこだけ客の息が違ってた。貫禄。そして色気があるから預けられないってわかる~って感じ。一座をまとめてるんだろうなあ。鉄弓をふうふう吹くときに火花?が飛ばない、っていうか、吹いてるというより気持ちを込めて見つめてる感じだったのが印象的だった。
磯之丞の門之助さんは安定。最初小忌衣着てるって笑っちゃったよ。似合いすぎ。でも、よくわかんないけどそんな大名の子息とかじゃないんだよねー。
尾上右近くんは女形姿がどんどんきれいになってるなあ。前は顔の長さが気になったんだけど。お化粧かしら。不思議。

どうでもいいけど、三婦内冒頭のの獅子舞もどきっ て、

しょぼんの顔文字(´・ω・`)にそっくりじゃないですか?

お梶の吉弥さんは今までの境遇で苦労したんだろうなあって感じ。

左團次さんの三婦、床屋に褌を渡すところは暖簾隠してた。ケネディー対策ではなかったんだ…でも俳優祭の映像が脳裏を…あ、だからですか?まさか?
まとまんないけど(キングジョージ聞いてたから…)このままアップしちゃいます。


[PR]
by urasimaru | 2014-07-27 00:05 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 七月歌舞伎夜の部 うばゆり >>