ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

八月納涼歌舞伎第三部

一、勢獅子(きおいじし)
   
鳶頭 三津五郎
鳶頭 橋之助
鳶頭 獅 童
芸者 七之助
手古舞 新 悟
鳶の者 国 生
手古舞 鶴 松
鳶の者 虎之介
手古舞 児太郎
鳶頭 巳之助
鳶頭 勘九郎
鳶頭 彌十郎
芸者 扇 雀

良かった~なんか、おもしろかった~
なんか、役者は3年で化けるなあ、なんて全体的に思いました。


訪米歌舞伎凱旋記念
三世實川延若より直伝されたる
十八世中村勘三郎から習い覚えし
二、怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)
  中村勘九郎三役早替りにて相勤め申し候
   
菱川重信/下男正助/うわばみ三次/三遊亭円朝 勘九郎
重信妻お関 七之助
茶店の女お菊 小山三
松井三郎/住職雲海 亀 蔵
磯貝浪江 獅 童

思ったより凱旋公演度が高くて、おおっと思った。
画竜点睛の場面から滝の前まで寝てしまった。序幕で七之助色っぽくなったなーと思ったのにね。
三部ははじまりが6:15だから、
知り合いで歌舞伎見てみたいって人が都合よかったら、連れてきてもう一度見たいなーと思った。

[PR]
by urasimaru | 2014-08-07 00:39 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 市川海老蔵 第二回自主公演 A... 演舞場の1等B席がなくなります >>