ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部

一、絵本太功記(えほんたいこうき)
尼ヶ崎閑居の場
   
武智光秀 吉右衛門
武智十次郎 染五郎
佐藤正清 又五郎
初菊 米 吉
真柴郎党 歌 昇
種之助
隼 人
真柴久吉 歌 六
皐月 東 蔵
魁 春

半分ぐらい寝た…米吉の初菊が愛らしかった!そういう動きをすることで愛らしく見せるのね、と思いつつもそれも可愛い。染五郎の十次郎も哀れではかなさがあってよかった。

二、連獅子(れんじし)
   
狂言師右近後に親獅子の精 仁左衛門
狂言師左近後に仔獅子の精 千之助
浄土僧専念 錦之助
法華僧日門 又五郎

すごく面白かった。なんか、全体的にたっぷり感。千之助のソロパートが多く、成長をたのもしく感じる。最近威厳がでてきた仁左様があんなに毛を振るとは思わなかったので感動した(ってひどい?)。


三、曽我綉俠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)
御所五郎蔵
寝ました!
苦手な演目だなあ。
うーんなんか、五郎蔵と土右衛門むしろ逆の方が良いのでは?
   
御所五郎蔵 染五郎
星影土右衛門 松 緑
子分 梶原平平 松 江
同  新貝荒蔵 亀 寿
同  秩父重介 亀 鶴
同 二宮太郎次 廣太郎
同 畠山次郎三 児太郎
番頭新造千代菊 歌 江
花形屋吾助 錦 吾
傾城逢州 高麗蔵
傾城皐月 芝 雀
甲屋女房お松 秀太郎


[PR]
by urasimaru | 2014-09-24 23:33 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 箱根で見つけた電柱さん 馬事公苑の愛馬の日に行ってきました >>