ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

初心者と 新橋演舞場 市川猿之助奮闘連続公演 十月花形歌舞伎 夜の部

歌舞伎一度見てみたいんですっていうがいたので、これでしょ!って。

そっか、お家騒動とか重宝とか聞きなれてない人ってどうなのかな?
でも、楽しんでくれたようでよかったです。
ほんと、初心者に親切な芝居だった。
で、歌舞伎の歌舞伎たるところはおさえてるし。





三代猿之助四十八撰の内

通し狂言 獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)

  京三條大橋より江戸日本橋まで
  浄瑠璃お半長吉「写書東驛路」(うつしがきあずまのうまやじ)
  市川猿之助十八役早替りならびに宙乗り相勤め申し候

  
役者澤瀉屋 
丹波与八郎 
由留木馬之助 
由留木調之助 
与八郎妹お松 
お三実は猫の怪 
江戸兵衛 
信濃屋丁稚長吉 
同  娘 お半猿之助
芸者雪野 
長吉許婚お関 
弁天小僧菊之助 
土手の道哲 
長右衛門女房お絹 
鳶頭亀吉 
 
船頭熨斗七 
江戸兵衛女房お六 
  
石井半次郎門之助
赤堀水右衛門右 近
重の井姫笑 也
弥次郎兵衛猿 弥
喜多八弘太郎
おはぎ笑三郎
芝居茶屋女房おきち春 猿
赤羽屋次郎作/赤星十三郎寿 猿
由井民部之助隼 人
お袖米 吉
奴逸平亀 鶴
赤堀官太夫男女蔵
小屋頭おなみ竹三郎
鶴屋南北錦之助
※澤瀉屋の「瀉」のつくりは正しくは“わかんむり”です。

[PR]
by urasimaru | 2014-10-27 11:08 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 長い天皇賞の日 十月歌舞伎座昼の部 >>