ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

市川猿之助奮闘連続公演 明治座 十一月花形歌舞伎 夜の部

筋書き買ったけどうろ覚えのまま猿之助中心にちょいネタバレ。
えーっと、最初猿之助が南北役で出てきて、役者猿之助になって口上。
顔見世狂言なのでストーリーはどうでもいいです的なことを言ってしまう笑
辰夜叉御前は蜘蛛の精と合体してよみがえって蜘蛛の糸撒きながら宙乗り。亀三郎の公家悪。
その後の役が平井保輔、男夜鷹兼盗賊な猿之助、寿猿さんとの色模様笑。喜昇さんと猿弥の色模様?竹三郎のさぼてん婆。
実は秀太郎(白の頭)さんの息子で、実家に帰って悲劇の最後。(っていう後半寝た…<(_ _)>)笑也と笑三郎。
休憩をはさんで、そこはか熊谷陣屋を下地にした暫みたいな展開で、ウケが亀三郎。家系~。女鯰春猿。
暫役が市川右近なんだけど、その後にとどめ的に辰夜叉御前。も、思ってたより素早く退治される。
が、蜘蛛部分は生き残っているの土蜘蛛後半的な。
頼光、もちろん門之助さん。バチバチバッチリ。團子くんの立ち廻り。頑張ってるんだけど、いっぱいいっぱいなのか、腰が高いのが気になる。がんばれ~。
休憩後、世話になって小女郎狐。尾上右近と恋敵。
刀をもらって喜んで宙乗りで去る小女郎狐。尾上右近立ち廻り。お兄さん役で再登場して立ち廻り。
そんな感じで、スペクタクルな娯楽作です~。道具豪華。花道度高。歌舞伎を知ってると笑える場所多数。
一つ気になったのは、フラッシュライトだと黒衣さんが目立っちゃうのねー。
ま、どんどん進化するでしょう。
猿三郎さん、目立つ役です。


平成26年度(第69回)文化庁芸術祭参加公演平成26年度(第69回)文化庁芸術祭参加公演
  三代猿之助四十八撰の内
通し狂言 四天王楓江戸粧(してんのうもみじのえどぐま)
  市川猿之助宙乗り相勤め申し候
   
辰夜叉御前  
平井保輔 市川 猿之助
相馬太郎良門  
小女郎狐の精  
   
渡辺綱/碓井定光 市川 右 近
和泉式部妹橋立 市川 笑 也
田原千晴/卜部季武/鷺の森有祐卿 市川 猿 弥
鬼童丸実は季武弟季明 市川 團 子
和泉式部 市川 笑三郎
季武妹春町 市川 春 猿
家主茂九郎右衛門/後家おくま 市川 寿 猿
坂田公時/左少弁優連卿 市川 弘太郎
七綾姫 尾上 右 近
左大臣高明 坂東 亀三郎
さぼてん婆 坂東 竹三郎
源頼光 市川 門之助
保輔母幾野 片岡 秀太郎

[PR]
by urasimaru | 2014-11-06 01:23 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 市川猿之助奮闘連続公演 明治座... カリン >>