ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

歌舞伎座 十二月大歌舞伎 昼の部

友達と一階後方。
義賢最期
下から見上げると襖が高い!とかいろいろ新鮮だった。
みる前は若い配役だと思ってたけど、みなさんぴったりだった。

幻武蔵
せりふが理屈っぽいとか劇評で読んだので心配だったけど面白く見た。まあ、歌舞伎というより普通のお芝居っぽいけど、表現力は歌舞伎役者ならでは。玉三郎の演出の色が濃い。
たくさん出てくる幻の武蔵のフォーメーションがきれいだった。
児太郎、良かった。手放しでそう思ったの、初めて。獅童も。
照明が暗くて、3Fだったら見えたかな?

二人椀久
目が乾いちゃって、つぶったら寝た…痛恨。えっと、すっきりきれいって感じ?

一、源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)
義賢最期
  
木曽先生義賢愛之助
下部折平実は多田蔵人亀三郎
九郎助娘小万梅 枝
待宵姫尾上右近
進野次郎道 行
矢走兵内猿 弥
葵御前笑 也
九郎助家 橘

新作歌舞伎
二、幻武蔵(まぼろしむさし)
  
宮本武蔵獅 童
小刑部明神松 也
千姫児太郎
秀頼の霊弘太郎
坂崎出羽守の霊道 行
宮本造酒之助萬太郎
淀君の霊玉三郎

三、二人椀久(ににんわんきゅう)
  
松山太夫玉三郎
椀屋久兵衛海老蔵
[PR]
by urasimaru | 2014-12-21 00:02 | 歌舞伎 みた | Comments(1)
Commented by urasimaru at 2014-12-21 00:05
あ、元 坂東薪車の市川道行さんが結構いい役で出てた。
<< 歌舞伎座 十二月大歌舞伎 夜の部 シジミ貝 >>