ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

歌舞伎座 十二月大歌舞伎 夜の部

序幕が忠臣蔵にならって口上人形(声、猿三郎さん?なんておもった)から古式にならって始まるんだけど、口上人形はともかく、その後はちょっとクドイ気が。
毛抜きのネタバレとかあって、磁石が棒磁石になってるのは現代人向け?いろいろ試行錯誤している感じ。
毛抜きは寝てしまった。
雲の絶間姫の玉三郎が、久しぶりに歌舞伎を見始めたころの感動がよみがえるもので、もうあれだけを見れば十分って感じだった。ずっとオペラグラス覗きっぱなしって久しぶり。

ツボのところとかちょっといじってたなあ。
白雲坊黒雲坊が良くての鳴神だなあと思った。
早雲皇子の最期の場が立ち廻り、なんか人形振りっていうかロボットっぽいというか、敢えてかくかくした動きと無表情でやっている感じが印象に残った(悪くない)
お不動様が出てきて、なんかいろいろあった(社会的にとか)今年をおさめるのにちょうどいいな、って感じがした。その後東京駅まで夜景を楽しんで歩きました。

通し狂言 雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)
  市川海老蔵五役相勤申し候

  序 幕 第一場 神泉苑の場
      第二場 大内の場
  二幕目     小野春道館の場
  三幕目 第一場 木の島明神境内の場
      第二場 北山岩屋の場
  大 詰 第一場 大内塀外の場
      第二場 朱雀門王子最期の場
      第三場 不動明王降臨の場

  
鳴神上人 
粂寺弾正 
早雲王子海老蔵
安倍清行 
不動明王 

文屋豊秀愛之助
小原万兵衛実は石原瀬平獅 童
小野春道市川右近
白雲坊亀三郎
黒雲坊亀 寿
小野春風松 也
秦秀太郎尾上右近
錦の前児太郎
八剣数馬/こんがら童子道 行
腰元巻絹笑三郎
八剣玄蕃/せいたか童子市 蔵
関白基経門之助
秦民部右之助
雲の絶間姫玉三郎
e0043465_1134328.jpg

[PR]
by urasimaru | 2014-12-23 11:04 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 今年もよろしくお願いします 歌舞伎座 十二月大歌舞伎 昼の部 >>