ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

今年の観劇も思いやられる…国立劇場 初春歌舞伎公演「通し狂言 南総里見八犬伝 」

吉例によって歌舞伎座初日を見に行く予定だったのだけど、肌荒れがひどくて(治った)回避。もったいねぇ!
ということでようやく歌舞伎はじめ。
尾上右近の伏姫は古風な顔を美しく見せる実力がついに備わったなあ。
里見家が滅亡しそうだ的なことを語って自害して珠に願いを託す感じ。ちょっと絡む八房の精(音一朗)は犬風の斑の着物で顔にひげが書いてあったかな?
蟇六・亀篠が團蔵、萬次郎でわくわくしたんだけど、あんまりいじわるする暇もなくあっさり信乃(菊之助)が旅に出た。村雨の捏造細工がおうむになっていたところがすごく楽しかった。
浜路の梅枝がああ歌舞伎の女形の娘だなあって感じでよかった。
左母二郎の松緑がカッコよかったけど割とすぐ死んでしまったし(浜路も!)、舟虫も出てこなかった。まあ、時間的問題もあるかなあ。でも、そういうねっとりしたところを歌舞伎で見たい気もした。
松緑のもう一役現八と信乃(菊之助)の芳流閣での立ち廻りが面白い。その場面の前に大薩摩が出るあたりはやっぱり歌舞伎っていいなあ、って思うことでした。


寝てしまった時間が長くて(特に後半ひどい)時蔵さんとか菊五郎さんは切れ切れにしか見られなかった。
すみません。
ということで尻つぼみな感想でした。今年もたくさん居眠りしてしまいそうだが、まあそれなりに楽しみますぅ。

花道外だったので手拭撒きに期待したけど手拭はゲットできませんでした。
亀三郎さん以外で飛んでくる可能性がある範囲にいたのって初めてだったかめったにないことなのでした。でもドキドキして楽しかったから良い!

e0043465_22362183.jpg




発 端 (安房)富山山中の場
序 幕 (武蔵)大塚村蟇六内の場
          本郷円塚山の場
二幕目 (下総)滸我足利成氏館の場
          同   芳流閣の場
三幕目 (下総)行徳古那屋裏手の場
四幕目 (武蔵)馬加大記館対牛楼の場
大 詰 (上野)白井城下の場
      (武蔵)扇谷定正居城の場



出演
尾 上 菊 五 郎

中 村 時  蔵

尾 上 松  緑

尾 上 菊 之 助

坂 東 亀 三 郎

坂 東 亀  寿

中 村 梅  枝

中 村 萬 太 郎

市 村 竹  松

尾 上 右  近

尾 上 左  近

市 村 橘 太 郎

河原崎 権 十 郎

市 村 萬 次 郎

市 川 團  蔵

坂 東 彦 三 郎

市 川 左 團 次

ほか 
[PR]
by urasimaru | 2015-01-14 22:40 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< ひっさしぶりの多摩動物園 春よ来い >>