ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

松竹創業120周年 壽初春大歌舞伎 夜の部

なんといまさら歌舞伎座に初詣でだった。繭玉とかでおめでたいきもちになった
番町皿屋敷
決定版的なできなんだろう、三階席からだとラストの吉右衛門が若者にみえるところがいろいろすごいと思った。でも、正月にこの話って…ねえ。

女暫
暫は子供の心で演るということでか、玉三郎がこんな可愛いのって珍しいよ最近。
今日も出かけるのが嫌だったけどほんと来てよかった、てか初日さぼった自分のバカとか思った。
しかしあの状況とはいえ玉様でも引っ込みで拍手しちゃうって時代なのかねえ。
七之助の声の良さが印象的だったから中村座で七之助でやってほしい。中村座だったら勘九郎のウケでもいいじゃん。

黒塚
黒塚史上最も起きていたと思う。あと、正月のNHKの中継を見たので多少技的なことに気が向いて、すごい体力っていうか技術っていうか、圧倒された。
お客も熱くって、(楽日だから全部の演目で)カメちゃんあらため猿之助さん、おかえりおかえり!って感じでした。
終わった後客電がしばらく明るくならなかったので、帰ろうとしていた人も戻って拍手してたけど結局普通に終わった。まあそれでいいかな、と思った。
寿猿さん、よく体が動くねえと感心しました。

演舞場は先週とってたんだけど寒いのでさぼった。とるかどうか迷ってたんだからとるのやめとけばよかった。まあ、さぼったこと自体はいいやって感じなんで、あの系統はしばらくいいやって気分。



一、番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)
青山播磨吉右衛門
腰元お菊芝 雀
並木長吉桂 三
奴権次吉之助
柴田十太夫橘三郎
放駒四郎兵衛染五郎
渋川後家真弓東 蔵

二、女暫(おんなしばらく)
  
巴御前玉三郎
蒲冠者範頼歌 六
清水冠者義高錦之助
女鯰若菜七之助
茶後見團 子
手塚太郎弘太郎
紅梅姫梅 丸
家老根井行親橘三郎
局唐糸笑 也
成田五郎男女蔵
轟坊震斎又五郎
舞台番辰次吉右衛門

三、猿翁十種の内 黒塚(くろづか)
  
老女岩手実は安達原の鬼女猿之助
山伏大和坊門之助
強力太郎吾寿 猿
山伏讃岐坊男女蔵
阿闍梨祐慶勘九郎
[PR]
by urasimaru | 2015-01-27 00:37 | 歌舞伎 みた | Comments(2)
Commented by SwingingFuisan at 2015-02-15 22:50 x
私も、黒塚史上最も起きていました(^_^;)

演舞場、urasimaru様もパスしちゃったんですね。私も「やめとけばよかった」。

今ごろ、ごめんなさい。
Commented by urasimaru at 2015-02-16 20:31
なんか豪放磊落なノリになれない最近です。
でも、明日はチケット取りします!
<< 幸吉さん 「バイオミメティクスを超えて!... >>