ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

松竹創業120周年 三月大歌舞伎 昼の部

半分以上?寝てました…仁左衛門の出たときだけ目をあける的な…が、すごくよかったです。

夜の部を見てなんとか思い出せる部分を加筆してみる。
加茂堤、親王と姫が子供っぽく見えたなー。
筆法伝授、
宗之助の腰元って久しぶりじゃん?と喜ぶ。(女形の時が好き)園生の前がさっきまで丞相のいた注連縄の中に入るって変だけど絵面を重視してるんだろうなあ、と思う。
えと、源蔵夫婦が不義をしたことをすごく悔いててなんか哀れに思った。
仁左衛門は完成系って感じになったなあ。先先代(お父さん)を見た気分になってるけどそれってテレビだったかどうだったか思い出せないなあ。(映画はみてない)
道明寺
秀太郎さんよかったあ。厳しい面と情け深い面の振れ幅がすごく大きくて、その中にお芝居全体が入る役なんだなあ。孝太郎の姫でみたかったなあ。
輝国の菊ちゃんは幕がしまってからでも美しさで間が持つね。でも富十郎を懐かしく思い出す。あの格好が妙に似合うんだよね、顔が大きくて。菊ちゃんはこの役につきあったのは仁左様の至芸に触れるため?なんて思った。

いやあ、歌舞伎界の伝承の危うさをひしひし感じちゃったりしたよお。
ま、変質していってもそれも一つの歴史かもしんないし、本格的には私が死んでからぐらいかも?(だったら知らない~ってね)

通し狂言 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

 序 幕 加茂堤(かもづつみ)
  
桜丸菊之助
八重梅 枝
斎世親王萬太郎
苅屋姫壱太郎
三善清行亀 寿
 二幕目 筆法伝授(ひっぽうでんじゅ)
  
菅丞相仁左衛門
武部源蔵染五郎
梅王丸愛之助
戸浪梅 枝
左中弁希世橘太郎
腰元勝野宗之助
三善清行亀 寿
荒島主税亀三郎
局水無瀬家 橘
園生の前魁 春

 三幕目 道明寺(どうみょうじ)
  
菅丞相仁左衛門
立田の前芝 雀
判官代輝国菊之助
奴宅内愛之助
苅屋姫壱太郎
贋迎い弥藤次松之助
宿禰太郎彌十郎
土師兵衛歌 六
覚寿秀太郎
[PR]
by urasimaru | 2015-03-17 22:44 | 歌舞伎 みた | Comments(1)
Commented by smallcreature at 2015-03-28 12:27
楽日にぽちって行き直したけどまた寝ました。でも行って良かった。
by最近はこっちの活動中心なurasimaru
<< 松竹創業120周年 三月大歌舞... 3月歌舞伎公演「梅雨小袖昔八丈... >>