ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

松竹創業120周年 七月大歌舞伎 夜の部

ばたばたしてで歌舞伎をみる本数が減ってるんだけど、今回はわりとコンディション良くみられた。

海老蔵初の熊谷陣屋、心配したけど、最初衣装似合わねえっておもったけど、
思ったより声がでてたし、予想よりはちゃんとしてたかな?(どういう…)
あと、彼の初役を心配しながらみると、
そういう手順だったのかー
と改めて認識できて、勉強になるし、あまり寝ないという…
廻りがほぼベストメンバーだから、相応に楽しめました。
なんか、客の反応も今日はとてもよくて、
ラスト熊谷が引っ込んだのを受けて熱い拍手、一瞬おいて芝居全体に対する拍手という素敵な反応だった。
まあ、その直前に「名調子」っていう掛け声は真意が謎…

牡丹灯籠、脚本が違うということで、
脇筋を刈り込み、コンパクト化。なんかサスペンスドラマみたい。

弱い人間を演じての中車の魅力全開。
杉村春子から来てるんだろうなあって感じの玉三郎の演技がものすごい。
今まで見た中でもっとも本物の噺家っぽい猿之助の円朝、見ごたえがあった。
上村吉弥の乳母お米が吉之丞とはまた違う絶品。






一、一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)
熊谷陣屋

熊谷直実 海老蔵
白毫弥陀六 左團次
相模 芝 雀
堤軍次 九團次
亀井六郎 巳之助
片岡八郎 種之助
伊勢三郎 廣 松
駿河次郎 梅 丸
梶原平次景高 市 蔵
藤の方 魁 春
源義経 梅 玉
二、通し狂言 怪談 牡丹燈籠(かいだんぼたんどうろう)
第一幕 大川の船
    高座
    新三郎の家
    伴蔵の住居
    高座
    伴蔵の住居
    萩原家の裏手
    新三郎の家
第二幕 高座
    関口屋の店
    笹屋二階座敷
    元の関口屋夜更け

〈第一幕〉         
お峰 玉三郎
伴蔵 中 車
お米 吉 弥
お六 歌女之丞
萩原新三郎 九團次
山本志丈 市 蔵
三遊亭円朝 猿之助
   
〈第二幕〉         
お峰 玉三郎
馬子久蔵 海老蔵
お国 春 猿
定吉 弘太郎
お六 歌女之丞
三遊亭円朝 猿之助
伴蔵 中 車

[PR]
by urasimaru | 2015-07-20 23:17 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 親が蓄膿の手術をしました 森の人たち >>