ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

二月大歌舞伎 夜の部

一階Bを奮発。カフェインドリンク飲用。w
源太勘当
声帯手術後復帰の葵太夫さん、そういえば邪魔がなくなって出やすくなったかも?って、ここ何か月も義太夫で寝ちゃってたので、久しぶりに寝ずに見られた。
もともと知られている話を目の前の舞台でわかるように伝えるという、歌舞伎は現代劇と違う方法で物語を提供するものだと思いながら見た。
(いまさら)
そうじゃないとどんな一家なんだよ!って感じになるし。でも笑いとか入ったり。
梅玉さんならではで、ポスター写真撮りたいと思ったけど後日。
なんだか歌舞伎をたんのうしたって気になった。
籠釣瓶
花道の道中がみられて極楽っす。
なんか今回は吉原のシステムとかに強く気持ちが行ったせいか、見染めの時点で切なくなった。
あのもろもろが塀で隔絶された場所で進行して、そういうことで生きていた人たちとかそういう感じ。
そういう感じ方をしたのは菊之助の道中がちょっと硬いかんじがしたからかなあ?
本人が固いっていうより、芸の質として硬質で花魁として生きにくそうなかんじ??
見世先からはそうもおもわなかったけど。
梅枝さんのほうが新悟くんよりも顔が長いと発見。だからどうってことではないけど意外だった。笑

浜松風恋歌
ぼーっと見た。わけわかんない話だ笑
引き抜きがうまくいかなかったのが残念。ファイト!

e0043465_20253515.jpg
久しぶりにシンプルな興行の呼び名にもどったね







夜の部

一、ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)
源太勘當
梶原源太景季
腰元千鳥
横須賀軍内
茶道珍斎
梶原平次景高
母延寿
梅玉
孝太郎
市蔵
橘太郎
錦之助
秀太郎

三世河竹新七 作
二、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

序 幕
二幕目

三幕目


大 詰 吉原仲之町見染の場
立花屋見世先の場
大音寺前浪宅の場
兵庫屋二階遣手部屋の場
同  廻し部屋の場
同  八ツ橋部屋縁切りの場
立花屋二階の場 
佐野次郎左衛門
兵庫屋八ツ橋
下男治六
兵庫屋九重
同  七越
同  初菊
遣手お辰
絹商人丹兵衛
釣鐘権八
立花屋長兵衛
立花屋女房おきつ
繁山栄之丞
吉右衛門
菊之助
又五郎
梅枝
新悟
米吉
歌女之丞
橘三郎
彌十郎
歌六
魁春
菊五郎

三、小ふじ此兵衛 浜松風恋歌(はままつかぜこいのよみびと)

海女小ふじ
船頭此兵衛
時蔵
松緑

[PR]
by urasimaru | 2016-02-06 20:27 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 桜がはやい 小狐礼三 >>